tBu or not tBu? 「ハムレット」をもじった論文の表題

「ハムレット」の有名な台詞”To be, or not to be”をもじった表現は、英語圏では新聞記事の見出しなどでよく目にしますが、時には科学論文の表題にも使われるんですね。

これはChemistry – A European Journalに載った最近の論文です。
tBu or not tBu?
Nilsson Lill, S. O., Ryberg, P., Rein, T., Bennström, E. and Norrby, P.-O. (2012), tBu or not tBu?. Chemistry – A European Journal, 18: 1640–1649. doi: 10.1002/chem.201102674

Wiley Online Libraryで似たような例を探してみました。
To b or not to b
Harrison, A. G. (2009), To b or not to b: The ongoing saga of peptide b ions. Mass Spectrometry Reviews, 28: 640–654. doi: 10.1002/mas.20228

こちらは人類学の雑誌からです。
3D, or not to 3D
Deane, A. and Kremer, E. (2010), 3D, or not to 3D a comment on De Groote et al. (2010). American Journal of Physical Anthropology, 143: 638–639. doi: 10.1002/ajpa.21388

皆さんも、次の論文の表題にいかがでしょうか?

カテゴリー: ちょっと一息, 論文 パーマリンク