京都府立大・沼田宗典准教授らの論文がChem. Eur. J.のVIP (Very Important Paper)に選ばれる

京都府立大学生命環境学部・沼田 宗典准教授の研究室による、マイクロ流路内におけるナノファイバーの階層的自己集合化に関する論文が、Chemistry – A European JournalのVIP (Very Important Paper)に選ばれました。
 ⇒ VIP: Hierarchical Supramolecular Spinning of Nanofibers in a Microfluidic Channel: Tuning Nanostructures at a Dynamic Interface

この論文は、Early Viewとしてオンライン版で先行公開されています。(本文を読むにはアクセス権が必要です)
 ⇒ Numata, M., Takigami, Y., Takayama, M., Kozawa, T. and Hirose, N. (2012), Hierarchical Supramolecular Spinning of Nanofibers in a Microfluidic Channel: Tuning Nanostructures at a Dynamic Interface. Chem. Eur. J.. doi: 10.1002/chem.201201300

★ Chem. Eur. J.では、二人の査読者が特に重要性を認めた論文をVIP (Very Important Paper)としています。
 ⇒ 最近VIPに選ばれた論文

カテゴリー: 論文 タグ: パーマリンク