月別アーカイブ: 2012年11月

Wileyの分析化学ジャーナルから選んだHottest Articlesを無料公開

Tweet Wileyの分析化学分野無料メルマガ最新号では、”Hot … 続きを読む

カテゴリー: ジャーナル, 論文 | Wileyの分析化学ジャーナルから選んだHottest Articlesを無料公開 はコメントを受け付けていません

Greenhouse Gases: Science and Technology誌の無料ご試読期間が終了します

Tweet Greenhouse Gases: Science and Tech … 続きを読む

カテゴリー: ジャーナル | Greenhouse Gases: Science and Technology誌の無料ご試読期間が終了します はコメントを受け付けていません

IUPAC化学教育委員会・Peter Mahaffy委員長が語る、今後の化学教育が進む道(Chemistry Viewsインタビュー)

Tweet国際純正・応用化学連合 (IUPAC) 化学教育委員会のPeter M … 続きを読む

カテゴリー: 一般 | IUPAC化学教育委員会・Peter Mahaffy委員長が語る、今後の化学教育が進む道(Chemistry Viewsインタビュー) はコメントを受け付けていません

<論文紹介> プラチナコガネの金属光沢を液晶ポリマーで模倣|HP社が金色に輝く高反射フィルムの開発に成功 (Advanced Materials誌から)

Tweet中南米の山地に棲むプラチナコガネは、金属のような光沢を持つユニークな甲 … 続きを読む

カテゴリー: 論文 | <論文紹介> プラチナコガネの金属光沢を液晶ポリマーで模倣|HP社が金色に輝く高反射フィルムの開発に成功 (Advanced Materials誌から) はコメントを受け付けていません

<記事紹介> 細分化された触媒研究、このままでいい? (Angew. Chem. Int. Ed. Editorial)

TweetAngewandte Chemie Interantional Edi … 続きを読む

カテゴリー: 一般 | <記事紹介> 細分化された触媒研究、このままでいい? (Angew. Chem. Int. Ed. Editorial) はコメントを受け付けていません

京都大・村上正浩教授の研究室による「太陽光利用によるアミノケトンへのCO2固定化」に関する論文がAngew. Chem. Int. Ed.のHot Paperに選ばれる

Tweet京都大学大学院工学研究科・村上 正浩教授の研究室による、太陽光利用によ … 続きを読む

カテゴリー: 論文 | タグ: | 京都大・村上正浩教授の研究室による「太陽光利用によるアミノケトンへのCO2固定化」に関する論文がAngew. Chem. Int. Ed.のHot Paperに選ばれる はコメントを受け付けていません

<新刊紹介> 生体材料開発におけるバイオミメティクス(生物模倣)のさまざまな応用例を網羅した一冊

Tweet自然中の生物の構造や機能を人工的に再現することで新しい技術につなげるバ … 続きを読む

カテゴリー: 書籍 | <新刊紹介> 生体材料開発におけるバイオミメティクス(生物模倣)のさまざまな応用例を網羅した一冊 はコメントを受け付けていません

Angewandte Chemie International EditionのiPadアプリがバージョンアップ、さらに使いやすくなりました

Tweetダウンロードした最新号を外出先で読めるAngewandte Chemi … 続きを読む

カテゴリー: ジャーナル | Angewandte Chemie International EditionのiPadアプリがバージョンアップ、さらに使いやすくなりました はコメントを受け付けていません

IKCOC-12(11月12~16日・京都)・Wileyの展示ブースで化学書最新刊をご覧いただけます

Tweet来たる11月12~16日、京都リーガロイヤルホテルで有機化学の国際会議 … 続きを読む

カテゴリー: 展示会・イベント, 書籍 | IKCOC-12(11月12~16日・京都)・Wileyの展示ブースで化学書最新刊をご覧いただけます はコメントを受け付けていません

<論文紹介> 白金に代わる色素増感型太陽電池の対極用材料となるか|窒素ドープグラフェンフォームで変換効率7.07%を達成(Angew. Chem. Int. Ed., Hot Paper)

Tweet色素増感型太陽電池(Dye Sensitized Solar Cell … 続きを読む

カテゴリー: 論文 | <論文紹介> 白金に代わる色素増感型太陽電池の対極用材料となるか|窒素ドープグラフェンフォームで変換効率7.07%を達成(Angew. Chem. Int. Ed., Hot Paper) はコメントを受け付けていません