ワイリー生物医学賞の受賞経験者2氏が2017年ノーベル化学賞を受賞 / ノーベル生理学・医学賞に続き計11人に

Wiley Prize in Biomedical Sciences
2017年のノーベル化学賞は、「クライオ電子顕微鏡」の開発を理由として、スイスのジャック・デュボシェ、米国のヨアヒム・フランク、英国のリチャード・ヘンダーソンの3氏に授与されることが決まりました。3氏のうちフランク氏とヘンダーソン氏は、今年2017年に、Wiley Prize in Biomedical Sciences (ワイリー生物医学賞)の受賞者にもなっています。(ファン・ヒール氏を含む3人での共同受賞)

ワイリー生物医学賞は、出版社John Wiley & Sons社が運営し科学振興を目的とする財団 The Wiley Foundation (ワイリー財団)が2002年に創設した科学賞で、生物医学の研究において新たな領域を切り開いたり、特定の領域の概念に進歩をもたらすなど顕著な貢献を果たした研究者に毎年贈られています。これまでの受賞者からは、ノーベル生理学・医学賞受賞者を計9人輩出しており、その中には2016年ノーベル賞受賞者の東京工業大学 大隅 良典特任教授・栄誉教授、今年2017年のジェフリー・C・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・W・ヤングの3氏らが含まれます。一方、ワイリー生物医学賞の受賞者がノーベル化学賞に輝いたのは、今回の2氏が初めてです。これで、ワイリー生物医学賞の受賞経験者36人のうち、計11人にノーベル賞が授与されたことになります。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

若手高分子研究者のためのPolymer International – IUPAC Award / 受賞候補者の推薦を受付中

Credit: Magcom/Shutterstock

Credit: Magcom/Shutterstock

Polymer International – IUPAC Award for Creativity in Applied Polymer Science or Polymer Technology は、Wileyのジャーナル Polymer International と IUPAC高分子部会が共同で、40歳未満の高分子研究者を対象に隔年で授与する科学賞です。同賞の選考委員会では、現在2018年受賞候補者の推薦を募集しています。(自薦は不可、他薦のみ)

受賞者には賞金5千ドルが贈られるとともに、2018年7月にオーストラリアのケアンズで開かれるIUPACの国際会議 MACRO 2018 に旅費付きで招待され、受賞記念講演を行う機会が与えられます。受賞資格があるのは、2017年12月31日時点で40歳に達しておらず、またMACRO 2018への参加が可能な研究者です。

候補者推薦の締切は2017年10月29日までとなっていますので、興味のある方はお急ぎ下さい。募集要項の詳細は、下のリンク先ページでご覧いただけます。

カテゴリー: 展示会・イベント | コメントは受け付けていません。

2017年ノーベル生理学・医学賞に輝いた3氏はワイリー生物医学賞の受賞経験者 / 昨年の大隅氏に続き計9人に

Wiley Prize in Biomedical Sciences
2017年のノーベル生理学・医学賞は、体内時計を制御する分子メカニズムの発見を理由に、米国のジェフリー・C・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・W・ヤングの3氏に贈られることが決まりました。3氏は、4年前の2013年に、Wiley Prize in Biomedical Sciences (ワイリー生物医学賞)の共同受賞者にもなっています。

ワイリー生物医学賞は、出版社John Wiley & Sons社が運営し科学振興を目的とする財団 The Wiley Foundation (ワイリー財団)が2002年に創設した科学賞で、生物医学の研究において新たな領域を切り開いたり、特定の領域の概念に進歩をもたらすなど顕著な貢献を果たした研究者に毎年贈られています。これまでの受賞者36人のうち、後にノーベル生理学・医学賞に輝いたのは、今回の3氏を合わせて計9人となりました。昨年2016年にも、東京工業大学 大隅 良典特任教授・栄誉教授が、両賞を相次いで受賞しています。

大隅教授以外の日本人研究者でワイリー生物医学賞を受賞したのは、2005年の京都大学・森 和俊教授です。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

東京農工大学・長澤 和夫教授のAngewandte Author Profileを公開(10報目)

Angewandte Chemie International Edition (ACIE)では、“Angewandte Author Profiles”と題して、同誌で2000年以降に発表した論文が累計で10報・25報・50報・100報に達した著者のプロフィールとQ&A, “My 5 top papers”を紹介しています。

この度、同誌で過去10年間の発表論文が10報となった東京農工大学大学院工学府生命工学専攻・長澤 和夫教授のAuthor Profileが公開されました。ぜひご覧下さい。

  •  Author Profile (2017), Kazuo Nagasawa. Angew. Chem. Int. Ed.. doi:10.1002/anie.201709306 (本文を読むにはアクセス権が必要です。以下同じ)
カテゴリー: ジャーナル | タグ: | コメントは受け付けていません。

神経科学誌EJNで論文査読プロセス透明化の試み、10か月間の成否は?ー 出版論文の査読コメントを実名入りで公開

Credit - PureSolution/Shutterstock

Credit – PureSolution/Shutterstock

The Federation of European Neuroscience Societies (FENS: ヨーロッパ神経学会連合) の公式誌 European Journal of Neuroscience (EJN) は、論文査読プロセスの透明化をめざして、投稿論文に対する査読者のコメントと著者の返信を、実名入りでオンライン公開することを2016年11月に決定しました。同年11月15日以降に投稿され、出版に至った論文が対象となります。開始から10か月が経過したこの試みの成否について、同誌の共同編集長を務める Paul Bolam・John Foxe両氏が報告しています。

査読を経験した人はご存知の通り、多くのジャーナルではシングル・ブラインド(査読者は著者が誰か分かるが、著者は査読者が誰か分からない)またはダブル・ブラインド(著者・査読者双方とも相手が誰か分からない)と呼ばれる形式で行われ、いずれの場合も、論文著者は査読が誰によってなされたのか知ることができません。また、査読者のコメントとそれに対する著者の返信は、非公開とされるのが一般的です。

査読者名を著者に知らせることに対しては、査読者が批判的なコメントを率直に書きにくくなるといった理由から否定的な意見が強く、普及していません。しかし一方で、査読プロセスの不透明さを問題視し、情報公開を進めるべきだという意見も近年高まっています。EJN誌はそのような背景を踏まえて、出版された論文だけに対象を限定したうえで、査読過程でのやり取りの公開に踏み切ったといえます。

上の記事で両編集長は、開始から10か月間、この試みが成功を収めてきたと評価しています。開始前には、査読の透明化に否定的な査読者から査読拒否にあうことを懸念していましたが、これまでに査読を依頼した3,293人のうち、それを理由に拒否したのは18人に留まっています。また、査読の質が低下するのではないかという懸念に対しても、実際にはそのようなことは起こっておらず、むしろ査読者の責任感を高め、査読コメントの質の向上につながっていると見ています。

読者の皆さんは、この試みについてどう感じますか? EJN誌で実際の例をご覧になりたい方は、例えばオープンアクセスで公開されている下記の論文をご参照下さい。

論文のタイトル・著者名等とともに、査読者名が明記されています。
ejn1

査読コメントとそれに対する著者の返信は、末尾のSupporting Informationに収録されています。
ejn2

カテゴリー: ジャーナル | コメントは受け付けていません。

大阪大学・生越 専介教授のAngewandte Author Profileを公開(10報目)

Angewandte Chemie International Edition (ACIE)では、“Angewandte Author Profiles”と題して、同誌で2000年以降に発表した論文が累計で10報・25報・50報・100報に達した著者のプロフィールとQ&A, “My 5 top papers”を紹介しています。

この度、同誌で過去10年間の発表論文が10報となった大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・生越 専介教授のAuthor Profileが公開されました。ぜひご覧下さい。

  •  Author Profile   Sensuke Ogoshi. (2017), Authors Profile. Angew. Chem. Int. Ed.. doi:10.1002/anie.201708270 (本文を読むにはアクセス権が必要です。以下同じ)

acie_backcover

カテゴリー: ジャーナル | タグ: | コメントは受け付けていません。

2017年8月のワイリー理工書ベストセラーはこちら!

日本で8月に最もよく売れたWiley(Wiley-Blackwell, Wiley-VCHを含む)の理工書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

Sequence Stratigraphy1位 Sequence Stratigraphy
 Edited by Dominic Emery, Keith Myers
 ISBN: 978-0-632-03706-3
 Paperback / 304 pages / August 1996

地層学の有力な手法として近年急速に重要性を増した「シーケンス層序学」に関する古典的教科書です。British Petroleum (BP) で使われた研修用教材を基に編纂されたもので、シーケンス層序学の基本的な概念とテクニック、応用法を解説します。

Advanced Analysis of Variance2位 Advanced Analysis of Variance
 Chihiro Hirotsu
 ISBN: 978-1-119-30333-6
 Hardcover / 416 pages / August 2017

世界的な統計学者として知られる広津 千尋教授(明星大学)が、実験データの解析に広く用いられる分散分析(ANOVA)を超える先進的な統計的手法としてadvanced analysis of variance (AANOVA) を提唱し、その手法を解説します。

From Prognostics and Health Systems Management to Predictive Maintenance 23位 From Prognostics and Health Systems Management to Predictive Maintenance 2: Knowledge, Reliability and Decision
 Brigitte Chebel-Morello, Jean-Marc Nicod, Christophe Varnier
 ISBN: 978-1-84821-938-0
 Hardcover / 170 pages / July 2017

工学分野で重要性を増す「故障予測・健全性管理 (PHM)」に関する諸問題を論じる2巻本の第2巻。この巻では、データのトレーサビリティ、情報と知識、適切な意思決定といった主題を取り上げます。

Principles of Object-Oriented Modeling and Simulation with Modelica 3.34位 Principles of Object-Oriented Modeling and Simulation with Modelica 3.3: A Cyber-Physical Approach, 2nd Edition
 Peter Fritzson
 ISBN: 978-1-118-85912-4
 paperback / 1256 pages / November 2014

物理モデリングのための言語 Modelica を用いたモデリングとシミュレーションについて詳細に解説します。100問以上の練習問題と解法が読者の学習を助けます。

Polymer Analysis5位 Polymer Analysis
 Barbara H. Stuart
 ISBN: 978-0-471-81363-7
 Paperback / 304 pages / January 2002

高分子の多様な分析法を習得するための好評教科書です。主要な分析テクニックを分かりやすく提示するとともに、それらを高分子研究に応用する方法を解説します。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 書籍 | コメントは受け付けていません。

ベルリンで行われたAngewandte記念シンポジウムの録画配信を開始 / 4人のノーベル賞受賞者を含む世界的化学者らが講演

The Angewandte Festsymposium

先日当ブログでご紹介した、9月11日にベルリン自由大学で開催されたAngewandte記念シンポジウム(The Angewandte Festsymposium)の各講演の録画配信が開始されました。このシンポジウムは、ドイツ化学会 (Gesellschaft Deutscher Chemiker, GDCh)が今年2017年に創立150周年の記念イヤーを迎えたのに合わせて開催されたもので、ジャック・W・ショスタク、ロバート・グラブス、ウィリアム・モーナー、ベン・フェリンガという4人のノーベル賞受賞者に加えて、名古屋大学の伊丹健一郎教授を含む世界的な化学者が講演を行いました。

当日のライブ配信でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、そうでない方も、下のリンク先ページからお申込みいただければすぐに視聴できます。

Register

カテゴリー: 展示会・イベント | タグ: | コメントは受け付けていません。

化学工学ジャーナル編集長による若手研究者向け論文出版ウェビナー(英語・9月14日 深夜25時~)

Wiley Author Webinar - Publishing Secrets for ECRs

Wileyは9月14日(木)深夜、化学工学ジャーナルの編集長2人を講師に迎えて、若手研究者が論文出版に成功するためのコツを教えるウェビナー(オンラインセミナー)を開催します。

タイトル Publishing Secrets for Early Career Researchers in Chemical Engineering (英語)
日時 日本時間 2017年9月14日(木)深夜25:00~
(9月15日(金)午前1:00~)
講師
  • Dr Michael P. Harold, MD Anderson Professor and Department Chair of Chemical and Biomolecular Engineering at the University of Houston. AIChE Journal 編集長
  • Dr João Soares, Professor in the Department of Chemical and Materials Engineering at the University of Alberta. The Canadian Journal of Chemical Engineering 編集長
視聴方法 事前申し込み制です。(無料) 上の画像をクリックして、リンク先ページから視聴をお申し込み下さい。
カテゴリー: 展示会・イベント | タグ: | コメントは受け付けていません。

Journal of Peptide Scienceから赤堀四郎博士記念特集号 / 最近の「赤堀コンファレンス」での報告を基に日独の最新成果を伝える

Journal of Peptide ScienceThe European Peptide Society(ヨーロッパペプチド学会)の公式誌である Journal of Peptide Science は、July-August 2017 号 (Volume 23, Issue 7-8)を故 赤堀 四郎博士 (1900-1992)の功績をたたえる記念特集号として発行しました。

赤堀博士は、戦前・戦後を通じて日本を代表する生化学者として多くの業績を残すとともに、大阪大学に蛋白質研究所を創設し初代所長を務めるなど、日本のペプチドおよび蛋白質科学の発展に大きな役割を果たしました。また1985年からは、日独のペプチド科学者の交流の場として、博士の名前を冠するセミナー「赤堀コンファレンス (Akabori Conference)」が隔年開催されています。

今回の特集号は、第15回(2014年)・第16回(2016年)の赤堀コンファレンスでの発表者から寄稿された総説5報と原著論文19報を掲載するもので、日独両国のペプチド・蛋白質科学の最先端の成果を伝える内容となっています。 (追記: 2017年9月30日までの期間限定で無料公開) icon_free

カテゴリー: ジャーナル | コメントは受け付けていません。