<記事紹介> なぜ研究者は「ハゲタカジャーナル」で論文を出版してしまうのか

Credit - MedioTuerto/Getty Images

Credit – MedioTuerto/Getty Images

論文のオープンアクセス出版の広がりとともに、粗悪なジャーナルを発行する「ハゲタカ出版社」(predatory publishers)が次々と登場し問題視されるようになったのは多くの方がご存知の通りです。ハゲタカ出版社とは、著者から徴収するオープンアクセス出版料金(Article Processing Charge = APC)を目当てに論文をかき集め、まともに査読を行わないなど詐欺的な活動を行う悪徳出版社の総称です。ハゲタカと目される出版社の情報をまとめたブラックリストとしては、Beall’s Listが知られています。皆さんも、聞いたことのない怪しげな出版社から論文投稿を勧誘するメールを受け取ったら、このBeall’s Listに載っていないかチェックしてみて下さい。

ハゲタカ出版社の存在は何年も前から広く知られているのに、その勢いが一向に衰えないのは、彼らのジャーナルに投稿する論文著者が後を絶たないからにほかなりません。それでは、なぜ研究者はそういった出版社の、いわば「ハゲタカジャーナル」で論文を出版してしまうのでしょうか。それを考察したエッセイが、看護学のトップジャーナルのひとつ The Journal of Advanced Nursing (JAN) に掲載されました。看護学に限定されず幅広い分野の読者のためになる内容ですのでご紹介します。著者の二人は、それぞれカナダとオーストラリアの大学に勤める看護学教授です。

このエッセイで著者は、どの分野にもまともなジャーナルが多数存在するにもかかわらず、研究者があえてハゲタカジャーナルに論文を投稿する理由を5つ挙げています。

I do not care about my external reputation(自分の評判を気にしない)

ハゲタカ出版社が真っ先にターゲットにするのは、高等教育制度が十分に確立されていない貧しい国の、経験不足な研究者です。そういった著者は、とにかく論文を出版しさえすれば周囲から評価を得られると考えてしまい、影響力の高いまともなジャーナルとハゲタカジャーナルのどちらに論文が載るかで自分の評判が大きく変わることに気づいていません。

ハゲタカジャーナルに載った論文は、実際の内容の良し悪しに関わらず読者から疑いの目で見られてしまい、またそれを自分の研究業績として載せることがむしろマイナスに働くことを、研究者は知っておく必要があります。論文の投稿先を決める際に、所属先でオープンな議論を行い、若手研究者には指導教員らが投稿先ジャーナルの選び方を正しく指導することが重要と著者らは指摘しています。

I do not believe in myself or my work(研究者としての能力や研究成果に自信がない)

多くのジャーナルから何度もリジェクトの判定を受けて自信を喪失した研究者は、確実にアクセプトしてくれそうなハゲタカジャーナルに頼ってしまいがちです。指導教員らが若手研究者に自信を与え、信頼できるジャーナルに投稿する意欲をもたせることが重要です。

Publication numbers count most(論文の数さえ増えればよい)

「年にX報」といったように論文数だけが業績評価の対象になると、簡単に数を稼げるハゲタカジャーナルに研究者の目が向くことは避けられません。業績評価を行う側がリーダーシップを発揮し、各研究者が信頼のおけるジャーナルで論文を出版するよう方向づけることが求められます。

I cannot be bothered to read(不注意)

ハゲタカ出版社はしばしば、著名なジャーナルにそっくりな雑誌名を使うなどして、研究者をあの手この手で引っかけようとします。研究者は出版社の正体をしっかり見極める必要があり、また指導教官らが模範を示すことも求められます。

I have given up(無責任)

中には投稿先がハゲタカジャーナルであることも、その害悪も承知したうえで、そこに論文を出すことをためらわない無責任な研究者もいるようです。そういったジャーナルで出版すると、研究者個人だけでなく所属機関の評判を傷つけることにもつながります。研究者一人ひとりの自覚と、研究者を取り巻く文化のあり方が重要です。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

<新刊紹介> The Nature of the Mechanical Bond / インターロック分子研究の第一人者ストッダート教授の新著(9月刊行)

The Nature of the Mechanical BondThe Nature of the Mechanical Bond: From Molecules to Machines
 Carson J. Bruns, J. Fraser Stoddart
 ISBN 978-1-119-04400-0
 Hardcover / 776 pages / September 2016
 US$ 225.00

複数の環状分子が鎖のように連なったカテナンや、環状分子がダンベル型の分子の軸を取り囲むロタキサンなど、分子のパーツが化学結合ではなく機械的結合によって結び付いた構造を持つ分子の総称が「インターロック分子」です。インターロック分子は、構造の興味深さや合成の難しさだけでなく、分子スイッチ・分子モーターといった応用面からも近年注目が高まっています。

このインターロック分子の研究において第一人者として活躍する米ノースウェスタン大学のジェイムズ・フレイザー・ストッダート教授 (James Fraser Stoddart)が執筆した本書は、最新の研究成果に基づき、インターロック分子の合成法とその性質、医薬品・光学・電子材料など各方面への応用の可能性までを、豊富な図版とともに幅広く解説するものです。当分野の研究に関わる読者には、基本文献として初学者から専門家までおすすめします。共著者のCarson J. Bruns博士は、同教授の下で学び、現在はカリフォルニア大バークレー校にポスドクとして在籍する気鋭の若手研究者です。

 本書の目次 

Foreword

Preface

Acknowledgements

List of Abbreviations

1. An Introduction to the Mechanical Bond

2. The Fundamentals of Making Mechanical Bonds

3. Making Mechanical Bonds Under Thermodynamic Control

4. Molecular Topologies and Architectures with MechanicalBonds

5. The Stereochemistry of the Mechanical Bond

6. Molecular Switches and Machines with Mechanical Bonds

Appendices

Glossary

Index

カテゴリー: 書籍 | コメントは受け付けていません。

大阪工業大・小林正治准教授らの「CPME溶媒によるGrignard反応」に関する論文が2か月連続でAsian Journal of Organic Chemistryの最多アクセス論文に(2016年6・7月)

Wiley-VCHは、各国化学会と共同出版する各ジャーナルで2016年7月に最も多くのアクセスを集めた論文(Most Accessed Article)を発表しました。そのうちAsian Journal of Organic Chemistry誌では、大阪工業大学工学部応用化学科の小林 正治准教授、益山 新樹教授らによるシクロペンチルメチルエーテル(CPME)を溶媒とするGrignard反応に関する論文が、前月(6月)に続き2か月連続で最多アクセス論文となりました。この論文で小林准教授らは、約10年前に開発された新規エーテル系溶媒CPMEを用いたGrignard反応について体系的に実験を行い、反応後のCPMEが高効率で回収・リサイクル可能で、またタモキシフェンやトラマドールなどの医薬品の合成に応用できることを明らかにしました。

Asian Journal of Organic Chemistry

この論文をはじめ、各ジャーナルの7月の最多アクセス論文は、化学ニュースサイトChemistry Viewsで紹介されています。

カテゴリー: ジャーナル, 論文 | タグ: | コメントは受け付けていません。

Wileyの化学ジャーナル編集者が選んだ「夏の読書におすすめの本」2016年版(洋書)

summer reading化学ニュースサイトChemistry Viewsが、毎年恒例の夏の読書におすすめの書籍 “Summer Reading” を発表しました。Angewandte ChemieをはじめWiley・Wiley-VCHの化学ジャーナルのエディターが、気軽に楽しんで読める科学書を計14冊取り上げています。

化学史上の重要な大発見を解説する The Chemistry Book: From Gunpowder to Graphene, 250 Milestones in the History of Chemistry や、さまざまな代替医療の効果を検証する Do You Believe in Magic?: The Sense and Nonsense of Alternative Medicine 、科学的知識を取り入れた料理テクニックを紹介する The Food Lab: Better Home Cooking Through Science など面白そうな本が並んでいます。このように楽しみながら読める洋書は、夏休みのように時間のあるときにこそ手にしたいですね。

カテゴリー: ちょっと一息, 書籍 | コメントは受け付けていません。

あなたの論文を動画で紹介 / 化学誌EurJIC・EurJOCで論文20報のビデオ・アブストラクトを無償制作するキャンペーン

EurJIC

EurJOC

European Journal of Inorganic Chemistry (EurJIC)European Journal of Organic Chemistry (EurJOC) の2誌は、エディターが選んだ論文20報のビデオ・アブストラクトを無償で制作するキャンペーンの開始を発表しました。ビデオ・アブストラクトは、論文の内容を専門家以外にも分かりやすく紹介する数分間の動画で、YouTubeや研究室ホームページで公開して、研究成果を多くの人に知ってもらうのに役立ちます。このキャンペーンは、両誌をWiley-VCHと共同出版する欧州の16化学会の連合体ChemPubSoc Europeがスポンサーとなって実現しました。

どのような動画になるのか具体例を見たい
例えばこちら。Journal of Polymer Science, part B: Polymer Physics 掲載論文のビデオ・アブストラクトです。

制作元Research Squareのサイトでもいくつかの作品例を見ることができます。

自分の論文で作ってほしい! どうすればいい?
対象となるのは、EurJIC・EurJOCの両誌で2016年8月中旬以降に査読を通過した原著論文です。編集部からアクセプト通知とともに当キャンペーンの案内が送られてくるので、それに従って応募できます。応募のあった中からエディターが選んだ論文20報に対して、ビデオ・アブストラクトが無償で制作されます。

動画制作の手順は?
科学のバックグラウンドを持つ作家・声優・アニメーターらによるResearch Square社の専門チームが制作します。上記のように申し込んで選ばれた論文の著者が、Research Squareから送られてくるいくつかの質問に答えると制作が開始されます。制作の過程で、作品中の表現に誤りがないか確認を求められますが、それを除けば著者に余計な負担がかからないよう配慮されます。

完成した動画はどうなる?
Research Squareによって動画共有サイトYouTubeとVimeoにアップロードされるとともに、論文著者も動画ファイルを受け取り、研究室ホームページなどで公開することができます。

選ばれなかった場合は?
残念ながら無償制作の対象に選ばれなかった場合も、希望すれば有償($1,500)でResearch Squareに動画制作を発注できます。

キャンペーンについてのさらに詳しい情報は、こちらのページをご覧下さい。

カテゴリー: キャンペーン, ジャーナル | コメントは受け付けていません。

大村 智特別栄誉教授の2015年ノーベル賞受賞記念講演「地球からのすばらしい贈り物」がACIEに掲載される

2015年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村 智 北里大学特別栄誉教授が受賞に際して行った記念講演(Nobel Lecture)が、Angewandte Chemie International Edition (ACIE)に掲載されました。既に動画でご覧になった方も、この機会に改めて文章の形で読み直してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

2016年6月のワイリー理工書ベストセラーはこちら!

日本で6月に最もよく売れたWiley(Wiley-Blackwell, Wiley-VCHを含む)の理工書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

INCOSE Systems Engineering Handbook1位 INCOSE Systems Engineering Handbook: A Guide for System Life Cycle Processes and Activities, 4th Edition
 INCOSE
 ISBN: 978-1-118-99940-0
 Paperback / 304 pages / June 2015

システムエンジニアのための国際的組織INCOSEが編纂するこのハンドブックは、システムエンジニアがSEプロセスを実践する上で押さえておくべき知識をまとめた必須の教科書・参考書です。

Causal Inference in Statistics: A Primer2位 Causal Inference in Statistics: A Primer
 Judea Pearl, Madelyn Glymour, Nicholas P. Jewell
 ISBN: 978-1-119-18684-7
 Paperback / 160 pages / March 2016

データ解釈において重要な「因果推論」の概念を平易な表現と事例によって解説し、政策・医療・教育などの領域への応用法を教える新しい入門書。著者ジューディア・パールは、構造モデルに基づく因果的・反事実的推論の理論を発展させるなどの業績で知られ、2011年のACMチューリング賞を受賞したる当分野の世界的権威です。

Automotive Handbook, 9th Edition3位 Automotive Handbook, 9th Edition
 Robert Bosch GmbH
 ISBN: 978-1-119-03294-6
 Hardcover / 1544 pages / January 2015

多くの国で翻訳出版され広く利用されている、自動車工学の定番参考書。「ボッシュ自動車ハンドブック」として刊行されている日本語版の最新第3版は、本書の1つ前の版にあたる第8版(2011年)を邦訳したものです。この第9版は旧版を4年ぶりに改訂したもので、技術の新展開を踏まえた最新情報を収録しています。

Atmospheric Chemistry and Physics: From Air Pollution to Climate Change, 3rd Edition4位 Atmospheric Chemistry and Physics: From Air Pollution to Climate Change, 3rd Edition
 John H. Seinfeld, Spyros N. Pandis
 ISBN: 978-1-118-94740-1
 Hardcover / 1152 pages / March 2016

大気化学・物理学における主要な主題をもれなく、またバランスよく網羅する定評ある教科書の最新版。今回の改訂ではGlobal Climate(全球気候)、Atmospheric Organic Aerosols(大気中の有機エアロゾル)に関する章を新たに追加。その他の各章も、研究の新展開に合わせて記述を大幅に改訂・増補しています。

Greene's Protective Groups in Organic Synthesis5位 Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis, 5th Edition
 Peter G. M. Wuts
 ISBN: 978-1-118-05748-3
 Hardcover / 1448 pages / October 2014

有機合成における保護基の導入と脱保護に関するテクニックを網羅し、世界中の化学研究室で愛用される参考書「グリーンの保護基」の待望の改訂版。実行したい合成反応に必要な保護・脱保護を行うための反応条件を、データベース検索よりもはるかに素早く見つけ出せるのに加え、豊富なレファレンスを収録し、必要に応じて原論文を参照できます。最近の研究の展開を反映して各章の記述をアップデートしたほか、2800件以上の新しいレファレンスを追加しています。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 書籍 | タグ: | コメントは受け付けていません。

大阪工業大・小林正治准教授らの「CPME溶媒によるGrignard反応」に関する論文がAsian Journal of Organic Chemistryで月間最多アクセス論文に(2016年6月)

Wiley-VCHは、各国化学会と共同出版する各ジャーナルで2016年6月に最も多くのアクセスを集めた論文(Most Accessed Article)を発表しました。そのうちAsian Journal of Organic Chemistry誌では、大阪工業大学工学部応用化学科の小林 正治准教授、益山 新樹教授らによるシクロペンチルメチルエーテル(CPME)を溶媒とするGrignard反応に関する論文が、同月の最多アクセス論文となりました。この論文で小林准教授らは、約10年前に開発された新規エーテル系溶媒CPMEを用いたGrignard反応について体系的に実験を行い、反応後のCPMEが高効率で回収・リサイクル可能で、またタモキシフェンやトラマドールなどの医薬品の合成に応用できることを明らかにしました。

Asian Journal of Organic Chemistry

この論文をはじめとする各ジャーナルの最多アクセス論文は、化学ニュースサイトChemistry Viewsで紹介されています。

カテゴリー: ジャーナル, 論文 | タグ: | コメントは受け付けていません。

AGUのオープンアクセス誌Earth’s Futureが初のインパクトファクター5.620を獲得

Earth's FutureAmerican Geophysical Union (AGU, アメリカ地球物理学連合)が2013年に創刊した完全オープンアクセスのジャーナル Earth’s Future は、先月発表された2015年インパクトファクター(IF)で、5.620という高い値を獲得しました。同誌にとっては今回が初めてのIFでしたが、Meteorology & Atmospheric Sciencesカテゴリーで第5位、またMultidisciplinary Geosciencesカテゴリーで第6位と、早くも上位にランクインしています。

Earth’s Futureは、地球環境とその将来に関わる課題と機会を論じる学際誌です。取り上げる主題は、水・大気・食料・エネルギー・気候・エコシステム・健康・人口など多岐にわたります。また投稿の受理から最初の採否判定まで8週間以内と、迅速な出版を達成しています。上のリンク先から掲載論文をご覧いただくとともに、次回の論文投稿先としてご検討下さい。

カテゴリー: ジャーナル | タグ: | コメントは受け付けていません。

あなたは何曲知っていますか? 科学にまつわるポップソング”Songs of Science”

Science Songs「何らかの形で科学をテーマにした歌」と言われて、皆さんが真っ先に思いつく曲は何ですか? 化学ニュースサイトChemistry Viewsの記事によると、米テネシー大学に勤めるKirk Englehardt氏は、自身の音楽ライブラリーの検索や、友人やSNSのフォロワーを通じて科学にまつわるポップソング”Songs of Science”の収集を開始、本日7月12日現在で147曲* を自身のブログで紹介しています。 * 同じ曲のバージョン違いを含む

リストの最初に挙がっているThomas DolbyのShe Blinded Me With Scienceは1982年の曲で、『彼女はサイエンス』という邦題で日本でもヒットしました。そのほか、Love is Like Oxygen (Sweet), Manhattan Project (Rush), Sounds of Science (The Beastie Boys), River Runs Red (Midnight Oil)といった曲が挙げられています。取り上げられている曲は、YouTube動画ですぐに視聴できます。

Englehardt氏は引き続きSongs of Scienceを収集していますので、まだ載っていない曲をご存知の方は、ぜひ教えてあげて下さい。そういえば、日本の曲ならどういうのがあるんでしょうね?

カテゴリー: ちょっと一息 | コメントは受け付けていません。