<記事紹介> レイチェル・カーソンは間違っていたか? 殺虫剤DDTの功罪をめぐる議論を再検討(ACIEエッセイ)

Credit - Huntstock/Getty Images

Credit – Huntstock/Getty Images

殺虫剤DDTといえば、日本人には終戦直後の子どもたちが頭から大量の白い粉をかけられる映像でなじみ深いでしょう。チフスなど命にかかわる感染症を媒介するケジラミを駆除するために進駐軍が用いたもので、当時の日本人の健康を守る上で大きな役割を果たしました。その一方で、DDTのことを米国の作家レイチェル・カーソンとその代表作『沈黙の春 (Silent Spring)』とともに思い出す人も少なくないはずです。

DDTは1874年に初めて合成が報告された後、1939年になってスイスの化学者ミュラーが殺虫作用を発見、マラリアやチフスの拡大防止に貢献したことで1948年、ミュラーにノーベル化学賞をもたらしました。その後DDTは、安価な農薬として農地や森林に大量に散布されるようになりましたが、カーソンは1962年に出版した『沈黙の春』で、DDTをはじめとする農薬が環境中に残留し生態系の破壊をもたらす危険性について強い警告を発しました。ベストセラーとなった同書は当時の環境運動に大きな影響を与え、1972年には米国で農薬としての使用が禁止されました。同様の動きは世界各国にも広がり、2001年に採択された残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約でもDDTの使用が規制されています。

しかし、カーソンの主張に対しては当初から反対意見があり、近年は「DDT使用規制のせいで開発途上国でのマラリア流行を防げず、数百万人が命を落とした」としてカーソンを殺人者呼ばわりする声すら高まっています。先にDDTの新しい結晶多形についてAngewandte Chemie International Edition (ACIE) で報告したニューヨーク大学のMichael Ward, Bart Kahr両教授らは、DDTの功罪を再評価し、カーソンとその批判派の主張の是非を検討するエッセイを同誌で発表しました。

Angewandte Chemie International Edition エッセイを読む  J. Yang, M. D. Ward, B. Kahr, Abuse of Rachel Carson and Misuse of DDT Science in the Service of Environmental Deregulation. Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 10026. (2017年8月18日現在無料公開中)
 紹介記事  Fake News and Chemistry: From DDT to Climate Change (June 22, 2017, Chemistry Views)

このエッセイで著者らは、一貫してカーソンの主張を支持しています。DDTが害虫駆除に有効なのは事実ですが、その効果は一時的で、使用を続ける間に害虫が耐性をもつようになるため効果を失うことが知られています。実際、WHO(世界保健機関)は保健衛生の目的に限定してDDTの使用を推奨していますが、害虫に耐性をもたせないために他の殺虫剤と交互に用いるべきとしています。著者らは、DDTはかつて信じられていたような魔法の薬ではなく、せいぜいさまざまな方法の組み合わせによる感染症対策のひとつのピースに過ぎないと考えます。同時に、カーソン自身も感染症対策のための殺虫剤使用を否定しておらず、その過剰な使用に反対しただけだとしています。

さらに著者らは、カーソンへの批判派がDDTの安全性の根拠として今も頻繁に引用する「DDTを添加した餌を与えられたキジでは、そうでないキジよりも卵の孵化率が高まった」という1956年の報告を再検討し、批判派が元データに対して恣意的な操作を行っていることを指摘します。著者らは、『沈黙の春』が環境政策に影響を与ええることができた時代には、科学と科学者が一般国民から信頼を得ていたのに対して、そのような信頼が低下した現代ではカーソンに対する科学的根拠を欠いた中傷がはびこるようになったと指摘してエッセイを締めくくっています。

カテゴリー: 一般 | コメントは受け付けていません。

<論文紹介> 「生分解性プラスチック」は水中で分解するか / 実験では種類によって大きな差 (オープンアクセス)

Credit - National Geographic RF/Getty Images

Credit – National Geographic RF/Getty Images

環境中に残る細かいプラスチック粒子「マイクロプラスチック」が、特に海洋の環境汚染の原因として近年クローズアップされています。それに対して、環境中で自然に分解する生分解性プラスチックの使用が対策になると主張する向きもありますが、賛否両論があるのが現状です。

独バイロイト大学の研究グループは、生分解性プラスチックとして市販されている製品が水中で分解するかどうかを確かめるための実験を行いました。同グループは、PLGA, PCL, PLA, PHB, Ecoflexの5種と、比較のため生分解性ではないPETを実験対象に選び、同条件下で人工海水と淡水のそれぞれに1年間にわたって浸し、分解の度合いを調べました。

その結果、5種の生分解性プラスチックの中でPLGAだけが、1年以内(270日)に完全に分解しました。それ以外では、PHBが1年間で8%未満分解したのを除いては、PETと同様に全くないしほとんど分解しませんでした。また海水中と淡水中とでは、分解速度に目立った違いはありませんでした。生分解性プラスチックと称される素材が等しくマイクロプラスチック問題の解消に役立つわけではないことを実証するものとして注目されます。

この研究結果を報告する論文 “Fate of So-Called Biodegradable Polymers in Seawater and Freshwater” は、環境・エネルギーなど地球規模の課題を学際的に取り上げるオープンアクセス誌 Global Challenges に掲載されました。

Global Challenges 論文  A. R. Bagheri, C. Laforsch, A. Greiner, S. Agarwal, Global Challenges 2017, 1, 1700048. https://doi.org/10.1002/gch2.201700048 icon_open (オープンアクセス)
 紹介記事  How Degradable are Biodegradable Polymers in Water? (August 12, 2017, Materials Views)

カテゴリー: 論文 | コメントは受け付けていません。

<論文紹介>福島第一原発からの放射性セシウムによる汚染土 ー 幼児の経口摂取による内部被ばくリスクを評価

Credit - Aon_Skynotlimit/Shutterstock

Credit – Aon_Skynotlimit/Shutterstock

福島第一原子力発電所の事故がもたらす子どもの健康リスクへの懸念にはさまざまなものがあります。砂場などで遊ぶ幼児が手に付いた汚染土を口にしてしまうことによって生じる内部被ばくの可能性もそのひとつです。

日本原子力研究開発機構 (JAEA) 安全研究センターの高原 省五氏らの研究グループは、同事故による放射性セシウムで汚染された土を幼児が経口摂取した場合の内部被ばくリスクを評価しました。同グループの試算では、土壌に固着したセシウムは、水溶性ないしは食物中のセシウムとは違って胃から吸収されにくいため、幼児が汚染土を口から摂取した場合の内部被ばく線量は、摂取量を多めに見積もっても、他の要因による外部被ばく線量と比べて無視できる程度に留まることが示されました。

この結果をまとめた論文は、リスク分析学会 (The Society for Risk Analysis) の公式誌 Risk Analysis で2016年9月30日にオンライン公開されましたが、今月 (2017年8月) に入ってTwitterでの拡散が急増し、これまでに 300回以上ツイート・リツイート されています(2017年8月17日現在)。この反響を受けて、Wileyはこの論文を2017年9月14日まで無料公開することにしました。

Risk Analysis

カテゴリー: 論文 | タグ: | コメントは受け付けていません。

Wileyジャーナルでコンテンツ・シェアリングサービスを開始 / 共有可能なリンクを介して無料で論文の閲覧が可能に

Wileyは7月31日、同社の電子ジャーナルプラットフォーム Wiley Online Library で新サービス Wiley Content Sharing の提供を開始したことを発表しました。

このサービスによって利用者は、自分がアクセスできる論文への「共有可能なリンク」を取得できます。他の利用者は、その論文へのアクセス権を持っていなかったとしても、そのリンクを介すれば本文を無料で読むことができます。(通常の論文PDFの代わりに、保存・印刷機能がブロックされ閲覧のみ可能なPDFが表示されます) Wileyジャーナル全1,700誌以上のうち、数誌の例外を除くすべてがこのサービスの対象になっています。

Wileyジャーナルに掲載された自分の論文や、特に興味を引いた論文の情報をメールやSNS、SCN(学術コラボレーションネットワーク)を通じて発信し、掲載誌を購読していない機関の読者を含めて広く読んでもらうことができます。情報発信や他の研究者とのコラボレーションに、ぜひ積極的にご活用下さい。

content_sharing1
content_sharing2

□ 参考リンク

カテゴリー: Wiley Online Library | タグ: | コメントは受け付けていません。

ChemPlusChem誌から「新規芳香族化合物」特集号(2017年8月末まで無料公開)

cpc_cover化学と他分野との複合・学際領域を対象とするジャーナル ChemPlusChem は、2017年8月号 (Volume 82, Issue 7)Novel Aromatics (新規芳香族化合物)特集号として発行しました。

大阪大学大学院・基礎工学研究科の戸部 義人教授が、マドリード・コンプルテンセ大学のNazario Martín教授とともに本号の客員編集長を務めています。また本号の表紙 (右画像) に選ばれたのは、京都大学化学研究所・橋本 士雄磨助教、山子 茂教授らによる論文 Shortest Double-Walled Carbon Nanotubes Composed of Cycloparaphenylenes です。この論文は同誌の注目論文 Very Important Paper (VIP) にも選ばれたのに加え、化学ニュースサイト Chemistry Views でも紹介されています。この論文を含めて、本号に掲載された総説および原著論文22報は2017年8月31日まで無料公開され、どなたでもお読みいただけます。

カテゴリー: ジャーナル, 論文 | コメントは受け付けていません。

2017年6月のワイリー理工書ベストセラーはこちら!

日本で6月に最もよく売れたWiley(Wiley-Blackwell, Wiley-VCHを含む)の理工書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

Matrix Algebra Useful for Statistics, 2nd Edition1位 Matrix Algebra Useful for Statistics, 2nd Edition
 Shayle R. Searle, Andre I. Khuri
 ISBN: 978-1-118-93514-9
 Hardcover / 512 pages / April 2017

データの統計分析や統計全般に役立つ行列代数学の分かりやすい解説書。図版や実例、練習問題を豊富に収録するとともに、SAS, MATLAB, Rの活用法も取り入れています。2006年以来の改訂となるこの第2版では、ベクトル空間や線形変換など新しい主題を取り上げています。

2位 Introduction to Finite Strain Theory for Continuum Elasto-Plasticity
 Koichi Hashiguchi, Yuki Yamakawa
 ISBN: 978-1-1199-5185-8
 Hardcover / 440 pages / November 2012

橋口公一・九州大学名誉教授と山川 優樹・東北大学准教授の共著による本書は、弾塑性について基礎的な知識しか持たない読者を対象とする入門的な教科書です。有限歪解析を行う上で理解しておくべき数学的・物理学的基礎を、最新の理論を取り入れながら解説します。橋口先生による内容解説はこちらの記事をご覧下さい。

Greene's Protective Groups in Organic Synthesis3位 Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis, 5th Edition
 Peter G. M. Wuts
 ISBN: 978-1-118-05748-3
 Hardcover / 1448 pages / October 2014

有機合成における保護基の導入と脱保護に関するテクニックを網羅し、世界中の化学研究室で愛用される参考書「グリーンの保護基」の待望の改訂版。実行したい合成反応に必要な保護・脱保護を行うための反応条件を、データベース検索よりもはるかに素早く見つけ出せるのに加え、豊富なレファレンスを収録し、必要に応じて原論文を参照できます。最近の研究の展開を反映して各章の記述をアップデートしたほか、2800件以上の新しいレファレンスを追加しています。

Automotive Handbook, 9th Edition4位 Automotive Handbook, 9th Edition
 Robert Bosch GmbH
 ISBN: 978-1-119-03294-6
 Hardcover / 1544 pages / January 2015

多くの国で翻訳出版され広く利用されている、自動車工学の定番参考書。「ボッシュ自動車ハンドブック」として刊行されている日本語版の最新第3版は、本書の1つ前の版にあたる第8版(2011年)を邦訳したものです。この第9版は旧版を4年ぶりに改訂したもので、技術の新展開を踏まえた最新情報を収録しています。

An Introduction to Behavioural Ecology, 4th Edition5位 An Introduction to Behavioural Ecology, 4th Edition
 Nicholas B. Davies, John R. Krebs, Stuart A. West
 ISBN: 978-1-4051-1416-5
 Paperback / 520 pages / March 2012

行動生態学の分野で最も著名な教科書の、大幅な改訂を経て2012年に刊行された現在最新版です。自然選択が動物の行動にもたらす影響、そして個体間の競争・協調行動と社会との関係を主軸にして、最新の学説や発見を、豊富な図版・写真とともに分かりやすく解説します。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 書籍 | タグ: | コメントは受け付けていません。

Wileyの化学ジャーナル編集者が選んだ「夏の読書におすすめの本」2017年版(洋書)

summer reading化学ニュースサイトChemistry Viewsが、毎年恒例の夏の読書におすすめの書籍 “Summer Reading” を発表しました。Wiley・Wiley-VCHの化学ジャーナルのエディターが、化学や科学・技術を題材とする一般読者向けの本を計11冊挙げています。研究から少し離れて、インスピレーションを養うのにいかがでしょうか。

同時に、Chemistry Views読者からのおすすめの本の投稿も募集・紹介しています。投稿募集は2017年8月31日までとなっています。

カテゴリー: ちょっと一息, 書籍 | コメントは受け付けていません。

2017年5月のワイリー理工書ベストセラーはこちら!

日本で5月に最もよく売れたWiley(Wiley-Blackwell, Wiley-VCHを含む)の理工書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

Time Series Analysis1位 Time Series Analysis: Nonstationary and Noninvertible Distribution Theory, 2nd Edition
 Katsuto Tanaka
 ISBN: 978-1-119-13209-7
 Hardcover / 904 pages / May 2017

学習院大学・田中 勝人教授による時系列分析の好評教科書を、1996年の初版から約20年ぶりに改訂。非定常パネルデータ分析、確定的トレンドと確率的トレンドの違いに関するセクションをそれぞれ追加するなど、初版の出版以降の新しい展開を取り入れています。

OLED Display Fundamentals and Applications, 2nd Edition2位 OLED Display Fundamentals and Applications, 2nd Edition
 Takatoshi Tsujimura
 ISBN: 978-1-119-18731-8
 Hardcover / 312 pages / May 2017

コニカミノルタ社でOLED事業部長を務める辻村 隆俊氏がOLEDディスプレイ技術の基礎から応用までを解説する好評書の、約5年ぶりの改訂版。OLEDディスプレイの設計・製造に関する最新の展開を反映しています。

Statistical Intervals3位 Statistical Intervals: A Guide for Practitioners and Researchers, 2nd Edition
 William Q. Meeker, Gerald J. Hahn, Luis A. Escobar
 ISBN: 978-0-471-68717-7
 Hardcover / 648 pages / May 2017

1991年に刊行された初版は、信頼区間・予測区間・許容区間など統計学上重要な区間を取り上げて解説し、好評を博しました。約25年を経て改訂されたこの第2版は、その間にコンピュータの発達によって実現した手法やツールを取り入れ、ページ数を2倍以上に増補しています。

Modern Organic Synthesis4位 Modern Organic Synthesis: An Introduction, 2nd Edition
 George S. Zweifel, Michael H. Nantz, Peter Somfai
 ISBN: 978-1-119-08653-6
 Paperback / 416 pages / May 2017

有機化学の初学者が大学院や企業で有機合成の上級レベルの知識を習得するのを助ける教科書。逆合成、配座解析、官能基変換といった主要概念に加えて、有機金属化学や炭素-炭素結合形成反応における最新の展開を取り上げて分かりやすく解説します。

Mammal Societies5位 Mammal Societies
 Tim Clutton-Brock
 ISBN: 978-1-119-09532-3
 Hardcover / 760 pages / May 2017

動物学・動物行動学の著名な研究者であるTim Clutton-Brock氏によるこの新著は、さまざまな哺乳類の社会構造と個体の戦略を異種間の比較を交えて論じ、読者を総合的な理解へと導くとともに人間社会への洞察ももたらします。生態学・動物行動学・人類学などの専門家から学生まで広くおすすめします。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 書籍 | タグ: | コメントは受け付けていません。

Advanced Materials誌から理研・創発物性科学研究センター(CEMS)特集号

Advanced Materials coverAdvanced Materials誌の2017年7月5日号(Volume 29, Issue 25)は、理化学研究所・創発物性科学研究センター(CEMS)特集号として発行されました。

理研の新しい研究センターとして2013年に発足したCEMSは、電子や分子などの集合によって生まれる全く新しい物性を解明する「創発物性科学」を研究対象としています。物理学・化学・エレクトロニクスの3分野の連携により、エネルギー・環境問題の解決に役立つ基礎原理を追求し、環境調和型の持続可能な社会の実現に貢献することをめざしています。

理研が今年創立百周年を迎えるのに合わせて発行された今回の特集号は (1) 新規な電子・スピンデバイスのための材料と機能 (2) エネルギー変換と輸送のための理論と材料 (3) 多様な機能を有するソフトマテリアル (4) 材料研究のための先進的な測定技術 の4つのセクションに分かれ、CEMSの研究者が同センターのプロジェクトから生まれた成果を解説する16報の総説を掲載しています。

カテゴリー: ジャーナル, 論文 | タグ: | コメントは受け付けていません。

Angewandte Chemieの編集長が35年ぶりに交代

Angewandte_EiC
ドイツ化学会(GDCh)とその公式誌Angewandte Chemieの編集委員会は、近く引退を迎える Peter Gölitz現編集長(上写真・右)の後任として、Chemistry – A European Journal の Neville Compton編集長(同・左)を指名したことを発表しました。Compton新編集長の就任は2017年10月1日に予定され、同誌にとっては35年ぶりの編集長交代となります。

Gölitz現編集長は、1980年からAngewandte Chemieの編集に携わり、1982年から現在まで編集長として同誌を率いてきました。編集長に就任した当時、Angewandte Chemieは事実上ドイツ国内だけを対象にした、ローカルな学会誌に留まっていました。Gölitz編集長は、国外の優れた化学者に論文投稿を働きかけることにより、同誌の国際性を高め、世界のトップ化学誌のひとつへと発展させました。

またGölitz編集長は、Angewandte Chemieの成功をモデルとして、Advanced Materialsとその姉妹誌、さらにChemPubSoc Europe(欧州各国化学会の連合体)との提携によって、Chemistry – A European Journalなど数々の化学誌を生み出しました。Advanced Materialsは、1988年にAngewandte Chemieの36ページの綴じ込み付録として創刊されましたが(1990年から独立)、今日では年間1千報以上の論文を出版する材料科学分野の代表的な高インパクト誌にまで成長しています。

こういった成功を引き継いで着任するCompton新編集長は、英ニューカッスル大学で化学を学びPh. D.を取得した後、独ハイデルベルク大学を経て1992年にAngewandte Chemieの編集部に加わりました。その後1997年に同誌の副編集長に昇格、また2002年からはChemistry – A European Journalの編集長を兼務しています。トップ化学誌の編集に豊富な経験をもつ新編集長の下で、Angewandte Chemieのさらなる発展が期待されます。

カテゴリー: ジャーナル | コメントは受け付けていません。