多発性硬化症サマーカレッジの発表内容をClinical and Experimental Neuroimmunology特集号で無料公開中

Molecular Targeted Therapy in MS Bench to Bedside and Bedside to Bench2014年8月2日-3日に福岡市で開催された第1 回MS サマーカレッジでの講演を中心にまとめたレビュー集がClinical and Experimental Neuroimmunologyから出版されました。全ての論文についてどなたでも無料でアクセス頂けますので、この機会に是非ご覧ください。

また、Chief Editorsの一人である吉良潤一先生(九州大学大学院医学研究院 脳研 神経内科学 教授)から本特集号のご紹介頂きました。本文と併せてご一読ください。

  無料公開中  
Clinical and Experimental Neuroimmunology 第5巻s1号

****************************************

日本神経免疫学会理事長 吉良 潤一先生によるご紹介

このsupplement 号は,平成26年 8 月 2 日,3 日に福岡市で開催された第1 回MS サマーカレッジでの講演を中心にまとめたレビュー集です。本会は,昨年まで12 回(12 年)にわたって開催されたMS ワークショップの後を継ぐものとして開催されました。MS ワークショップは,日本のMS 研究者,臨床家に毎年最新のMS に関する知見をもたらすものとして,本当に大きな貢献をなしたと思います。また我が国のMS neurologists にとっては,とても楽しい交流と有意義な意見交換の場でもありました。

第1 回MS サマーカレッジは,Molecular Targeted Therapy in MS: Bench to Bedside and Bedside to Bench というテーマで開催されました。このような神経内科の研究会のメインテーマとして,分子標的療法を現実のものとして取り上げるようになったことは,MS ワークショップがスタートした13 年前を思うと隔世の感があります。インターフェロンベータが初めてのdisease-modifying drug (DMD)として上市したときも大きなインパクトがありましたが,ブロードな作用をもつDMD から,わずかこの1,2 年の間にピンポイントに作用する分子標的療法の時代にすっかり様変わりしてしまったことに驚きを禁じ得ません。分子標的療法のなかでも,スフィンゴシン1 リン酸受容体を標的としたフィンゴリモドは,経口投与可能という点で画期的な分子標的薬といえます。MS にとって初めての経口分子標的薬が,実は我が国で開発されたということは,日本人にとって大きな誇りと自信を与えるものであります。

1986 年に京都大学の藤多哲朗教授,台糖,吉富製薬の三者により共同研究が開始され,1988 年に冬虫夏草の培養上清からmyriocin (ISP-1)が単離され,その化学修飾により1993 年にフィンゴリモドが作られるに至りました。当初,フィンゴリモドは腎移植後の拒絶反応を抑える目的で臨床試験が行われましたが,うまくいかず,ターゲットをMS に変えて2003 年から臨床試験が開始されました。2008 年に公表された海外のTRNSFORMS 試験,2009 年に公表されたFREEDOMS 試験の結果をもとに,2010 年に海外で,2011 年には国内で製造承認されるに至っています。20 年余の期間で画期的な新薬が誕生したことは,本当にすばらしいと思います。治らないものの診断ばかりしてと言われてきた神経内科も,MS を皮切りに分子標的療法の時代に突入しました。これからは神経免疫疾患のみならず神経変性疾患においても分子標的療法が必ずや導入される時代になると思います。

ところで,私には,フィンゴリモドがMS になぜ有効なのか,わかったようでわからない気がします。自己免疫機序が確実とされる視神経脊髄炎を,フィンゴリモドはむしろ悪化させるのに,なぜMS では有効なのか不思議に感じます。インターフェロンベータも,むしろ自己免疫を悪化させることが多いわけですが,不思議とMS には有効です。全身性の自己免疫疾患とは違うメカニズムがないとこんなことは起こらないんではないかと思います。また,DMD もMS の再発は減らしますが,一次性にせよ二次性にせよ進行型を抑制することはできません。なぜ再発(炎症)を抑えても進行(変性)は抑えられないのか,これも大きな謎です。つまりまだまだMS の本質的なところは,ちっとも解明されていないともいえます。したがって,これからもMS サマーカレッジなどを通じた研究の一層の活性化が望まれます。このMS サマーカレッジは,第1 日目は気合も入っているので英語で,第2 日目は前夜に飲み過ぎてしまうので日本語でやりました。国際化に対応すべく英語の勉強と交流と,これからもバランスよくやっていきたいものです。

オンラインジャーナルサイトはこちらから
ご投稿はこちらから

カテゴリー: 免疫学, 神経医学, 神経科学 | タグ: | コメントは受け付けていません。

緊急のお知らせ/12月20日(土)19時~23時 Wiley Online Libraryメンテナンスのため一時停止

Wiley Online Libraryは、システムメンテナンスのため下記の期間一時的にご利用いただけなくなります。

     サービス停止期間: 日本時間 12月20日(土)19~23時(予定)

ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程お願い申し上げます。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

Wileyと英国Jiscがオープンアクセス出版に関する協定を発表 / Wiley誌を購読する英国の大学を対象に、1年間の論文出版料金(APC)の支払総額に応じて翌年のAPCを減額

John Wiley and Sons社(以下Wiley)は12月17日、論文のオープンアクセス(OA)出版に関するパイロット協定を発表しました。この協定はJisc(英国情報システム合同委員会)、Wileyと英国の図書館界の三者による議論に基づいて締結されたもので、OA出版への移行にあたって英国の大学を支援することを目的としています。

この協定の対象になるのは、Jisc journal agreementの下でWileyの電子ジャーナルを購読する英国の大学で、期間は2015年1月~2017年12月の3年間です。これによって大学は、Wileyに対して1年間に支払ったOA出版のための論文出版料金(Article Processing Charge = APC)の総額に応じて、翌年のAPCの支払いに充当できるクレジット(還付)を受け取ることができます。

大学がAPCクレジットを受け取るためには、Wiley Open Access Accountの開設が条件となります。このアカウントを開設した大学では、所属研究者がWiley誌で論文をOA出版する際にAPCの割引が受けられるとともに、大学からWileyへのAPCの支払いを管理するためのツール”Account Dashboard”を利用できるようになります。

この協定についてJiscのLorraine Estelle女史(Executive director digital resources and divisional CEO Jisc Collections)は「今回の画期的な枠組みが合意できたことを喜んでいる。この枠組みが英国の大学にとってのコストを抑制するとともに、オープンアクセスの推進に向けての障害を減らすことにつながると期待している」と語っています。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

<新刊紹介> 獣医師必携の医薬品マニュアル Plumb’s Veterinary Drug Handbook / 2015年3月に改訂第8版

Plumb's Veterinary Drug Handbook, 8th EditionPlumb’s Veterinary Drug Handbook, 8th Edition
 Donald C. Plumb

  • Desk Edition (机上版)
     ISBN: 978-1-118-91193-8
     Hardcover / 1296 pages / March 2015
     US$84.99
  • Pocker Edition (ポケット版)
     ISBN: 978-1-118-91192-1
     Hardcover / 1760 pages / March 2015
     US$84.99

動物医療の現場で用いられる医薬品についての権威あるマニュアル書として高い信頼を集める Plumb’s Veterinary Drug Handbook の改訂第8版が、2015年3月に出版されることになりました。

主要な医薬品ごとに、使用目的や性質、副作用や安全・管理上の注意点といった情報とともに、主な動物に対する用法・用量をまとめています。内容面での信頼性の高さに加えて、忙しい診療現場でも必要な情報を迅速に見つけられるよう、箇条書きを多用して簡潔かつ分かりやすく記述しているのが特長です。用法・用量は、イヌ・ネコだけでなく、エキゾチック動物や家畜類への使用も想定して書かれています。

2011年以来の改訂となるこの第8版では、43種の医薬品を新たに取り上げるとともに、最新の知識に基づいて薬用量や参考文献情報をアップデートしています。これまでの版と同様に、机上版 Desk Edition (A4判に近い大型サイズで文字が読みやすい) とポケット版 Pocket Edition (携帯に便利な約13 x 20 cmの小型サイズ)の2つから選べます。

カテゴリー: 獣医学 | タグ: | コメントは受け付けていません。

2014年11月の医学・看護・獣医学書ベストセラーはこちら!

日本で11月に最もよく売れたWiley-Blackwellの医学・看護・獣医学書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

Early Intervention in Psychiatry1位 Early Intervention in Psychiatry: EI of nearly everything for better mental health
Peter Byrne (Editor), Alan Rosen (Co-Editor)
ISBN: 978-0-470-68342-2
Hardcover / 432 pages / November 2014

精神医学の分野で近年最も顕著な広がりを見せたのが「早期介入」(Early Intervention = EI) の試みです。本書はさまざまな種類の精神障害に対してEIを適用する上でのベスト・プラクティスを紹介するもので、精神医療および社会福祉の関係者に非常に有益なガイド書です。

Lecture Notes:Tropical Medicine, 7th Edition2位 Lecture Notes:Tropical Medicine, 7th Edition
Nick Beeching, Geoff Gill
ISBN: 978-0-470-65853-6
Paperback / 408 pages / April 2014

熱帯医学についての定評ある教科書の約5年ぶりの改訂版。眼病およびNeglected Tropical Diseases(= NTD・顧みられない熱帯病)に関する章を新たに追加するとともに、マラリア・結核・HIV/AIDSについての記述を増補。改訂で加えられた豊富な図版と、自習用リソースを集めた専用ウェブサイトが理解を助けます。

How to Read a Paper3位 How to Read a Paper: The Basics of Evidence-Based Medicine, 5th Edition
Trisha Greenhalgh
ISBN : 978-1-118-80096-6
Paperback / 284 pages / February 2014

EBM(エビデンスに基づく医療)の実践のために、必要な文献の探し方・読み方を初学者にも分かりやすく教えるガイドブックの最新改訂版です。ベストセラーとなった旧版を5年ぶりに大幅改訂したこの第5版では、具体例やレファレンスが刷新されるとともに、EBMに対してよくなされる批判と、それに対する応答に関する章が追加されました。

Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventions4位 Cochrane Handbook for Systematic Reviews of Interventions
Julian P. T. Higgins (Editor), Sally Green (Editor)
ISBN: 978-0-470-69951-5
Hardcover / 672 pages / September 2008

The Cochrane Libraryの中心をなすのは、医療行為の効果を評価するシステマティック・レビュー、いわゆる「コクラン・レビュー」です。本書はコクラン・レビューの書き方を分かりやすく解説するマニュアル書です。

Atlas of Equine Ultrasonography5位 Atlas of Equine Ultrasonography
Edited by Jessica A. Kidd, Kristina G. Lu and Michele L. Frazer
ISBN: 978-0-470-65813-0
Hardcover / 520 pages / April 2014

デジタル超音波診断技術に基づく馬の超音波検査アトラスとしては現在唯一の書です。筋骨格系・非筋骨格系組織の両方をカバーし、正常および異常のある部位の診断画像を豊富に掲載しています。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。Wiley.comのネット通販で2014年12月26日まで実施中のクリスマス期間限定セールもご利用いただけます。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

クリスマス期間限定セール・Wiley.comネット通販でWileyの本を最大25%割引(2014年12月26日まで)

books_promotion201412
Wileyの英語サイトWiley.comで、Wileyの既刊書をどれでも割引特価で買えるクリスマス期間限定セールを開始しました。 ご注文時に割引コードを入力いただくことにより、通常価格から20%引き、また一回のご購入金額がUS$49を超える場合は25%引きとなります。(別途送料がかかります) ご注文方法は下記をご覧下さい。

  • Wiley.comで現在販売中の冊子体の既刊書すべてがセールの対象となります。(ご注文の時点で未刊の本ならびにEブックは対象外です)
  • 20%または25%割引の特典は、2014年12月26日までのご注文に有効です。また、アジア地域以外からのご注文は対象外です。
  • 別途、シンガポールからの送料として最初の一冊目にUS$21、それ以降一冊追加するごとに$6.99が加算されます。商品の到着には1~2週間を要しますので、予めご了承下さい。
  • 割引の適用を受けるには、会計時の画面で、Promotion Code欄に MMHOL と入力し、右の APPLY DISCOUNT  ボタンをクリックして下さい。表示される価格に割引が適用されたことをご確認下さい。(下図)

☆ 商品ページ
注文画面


画面に従って注文手続き

☆ 会計画面
checkout201412

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

<論文紹介> 食事つき学生寮で長期実験、食事のカロリー表示による体重増加の抑制効果を確認 / 実生活の環境では初めての研究例

英グラスゴー大学の研究グループは、食事つき学生寮の寮生を対象に長期実験を行った結果、食事のカロリー表示が体重増加の抑制に対して効果があることを明らかにしました。この研究結果は、このほど肥満研究の学会The Obesity Societyの公式誌 Obesity で報告されました。

Obesity

食事のカロリー表示は体重増加の抑制に役立つと言われてきましたが、これまでその効果を実生活の環境で確認した報告例はありませんでした。日常生活の中では食事ごとにカロリー表示の有無を統制するのが難しいためで、これまで行われた実験は、特定の状況下でカロリー表示が食品購入に与える影響を調べるに留まっていました。

egg今回の報告を行ったグラスゴー大学のグループは、同大学の寮生120人を被験者として、2年間にわたる長期研究を実施しました。この学生寮は朝・夕食つきで、外の食料品店や食堂に行くには徒歩20分もかかるという、食事内容の統制に適した環境にありました。

実験は寮食堂で出される夕食を対象に、夏休みを除く36週間にわたり、1年目はカロリー表示なし、2年目はカロリー表示ありと条件を変えて行われました。夕食は3品のコースで、2~3種類の選択肢から注文できます。36週間の前後に体重を測定したところ、平均体重の変化は1年目が+3.5kgだったのに対し、カロリーを表示した2年目は-0.15kgと体重減少に転じました。同じ期間、寮生以外の学生の平均体重の変化は1年目が+1.8kg、2年目が+2.1kgだったのと比べると、寮食堂でのカロリー表示の効果が顕著なことが分かります。

食材の消費状況を分析したところ、カロリー表示を実施した2年目は総カロリー量が18%減少し、特にデザートの材料や油の消費が大幅に減っていました。実生活の中で食事のカロリー表示の効果を確認した初めての研究として注目されます。

カテゴリー: 生活習慣病 | コメントは受け付けていません。

おむつ利用の習慣、知識、皮膚炎に関する特集号を 2015年1月末まで無料公開中

Pediatric Dermatology special issuePediatric Dermatologyからおむつ利用に関する論文を5編集めた特集号がリリースされました。おむつが当たる部分の清浄とケア、新生児の皮膚の最新研究、世界のおむつ利用習慣、おむつかぶれ等を取り上げます。
2015年1月末まで無料で全ての論文にアクセス頂けますので、是非この機会にご覧ください。

おむつ関連 特集号
   ⇒Diapering and the Diaper Area: Current Practices, Knowledge, and Dermatologic Concerns. The publication of this supplement has been supported by EIC2

論文一覧
Clinical Approaches to Skin Cleansing of the Diaper Area: Practice and Challenges
Carrie C. Coughlin, Ilona J. Frieden, et al.

Evolving Concepts of Neonatal Skin
Carrie C. Coughlin and Alain Taïeb

Diapering, Diaper Technology, and Diaper Area Skin Health
Mauricio Odio and Lauren Thaman

Diapering Habits: A Global Perspective
Lauren A. Thaman and Lawrence F. Eichenfield

Diaper Dermatitis: Clinical Characteristics and Differential Diagnosis
Carrie C. Coughlin, Lawrence F. Eichenfield, et al.

カテゴリー: 小児科学, 生活習慣病, 皮膚科学 | タグ: | コメントは受け付けていません。

若者に迫る「カフェイン依存症」のリスク / 甘いコーヒー・紅茶やエナジードリンクからのカフェイン摂取増に専門家が警鐘 (Addiction誌)

コーヒー好きの人が「私はカフェイン中毒で」などと冗談半分に言うことは珍しくないかもしれません。しかし最近では、特に若者の間で「カフェイン依存症」が深刻な問題になりつつあることを、英国の学会 Society for the Study of Addiction (SSA) の公式誌 Addiction で専門家が指摘しています。

米ダートマス大学医学部 (Geisel School of Medicine at Dartmouth) の精神科医 Alan J. Budney教授らが同誌の Editorial(巻頭言)として寄稿した記事によると、カフェインの依存性については専門家の間でも意見が分かれています。アメリカ精神医学会による精神障害診断マニュアル DSM-5 (2013) は、caffeine withdrawal (カフェイン禁断症状)を正式な疾患として取り上げるとともに、caffeine use disorder (カフェイン使用障害)をSection III (研究中)に分類しています。その一方で、一部の専門家はカフェイン依存症を他の依存症や精神障害と同列に扱うことに否定的です。

その上でBudney教授らは、たとえ成人には問題のないカフェイン摂取量であっても、未成年者には問題を引き起こす可能性があるとして、若者の間で目立つカフェイン摂取の増加に警鐘を鳴らしています。最近の統計によると、米国の18歳未満の子どものうち75%が、毎日何らかの形でカフェインを摂取しています。従来、若者・子どもの主なカフェイン摂取源となっていたのはソフトドリンクでしたが、1999年以降、コーヒー・紅茶からのカフェイン摂取が倍増し、砂糖やキャラメル、クリームなどで甘くしたコーヒー・紅茶の流行が原因とみられています。また最近若者に人気の、多量のカフェインを含むエナジードリンクや、スナック菓子やグミなどにカフェインを添加した製品の増加も新たな懸念材料になっています。

未成年者のカフェイン依存による健康への悪影響は、さまざまな形で表れます。13歳の子どもがカフェインの禁断症状を訴えた例が報告されているほか、不安・焦燥感、多動性、睡眠障害といった症状を招くことがあります。さらに、糖分の多いカフェイン入り飲料を多量に摂取することで食生活が悪化し肥満につながったり、たばこやアルコールのような他の依存性物質の摂取増を招くといった、間接的な害も指摘されています。同教授らは、カフェインが若者の健康に与える影響についての研究を急ぐとともに、商品への警告表示や販売規制、啓蒙キャンペーンなどの対策を強化する必要性を訴えています。

Addiction

カテゴリー: 薬物依存 | コメントは受け付けていません。

本日は世界糖尿病デー 40編のキー論文を無料公開中

 P World-Diabetes-Day-201211月14日は、チャールズ・ベストと供にインスリンを発見したフレデリック・バンティングの誕生日にちなんで、世界糖尿病デーとして定められています。糖尿病の脅威に応えるべく、1991年にIDF(国際糖尿病連合)及びWHO(世界保健機関)により世界糖尿病デーが定められ、全世界で糖尿病が認知し続けられるよう呼びかけています。
弊社ではこの重要な日を記念して、各雑誌の編集委員長が選ぶ40編のキーとなる糖尿病関連の論文を無料公開しています。
糖尿病関連 キー論文無料公開中 (英語)

【期間限定セール】
糖尿病に関する30点の書籍について、特別に20%割引セールを開催中です。割引期間は2014年12月15日までとなっておりますので、お早めにご検討下さい。

  • タイトルリストよりご希望の書籍をクリックください。(Eブックは対象外です)
  • 割引の適用を受けるには、会計時の画面で、Promotion Code欄に VBJ71 と入力し、右の APPLY DISCOUNT  ボタンをクリックして下さい。表示される価格に割引が適用されたことをご確認下さい。
カテゴリー: 生活習慣病, 糖尿病・内分泌・代謝 | タグ: , | コメントは受け付けていません。