2016年に最もよく読まれた新規・改訂コクランレビュー トップ5を発表

TCL_logo_506x105
コクラン・ライブラリー編集チームは、2016年に新規に発表または改訂されたコクランレビューのうち、同年中のダウンロード回数が特に多かった上位5報を発表しました。

 Most downloaded new Cochrane Reviews(新規レビュー) 

  • Motor control exercise for chronic non‐specific low‐back pain
  • Vitamin D for the management of asthma
  • Mini‐Mental State Examination (MMSE) for the detection of dementia in clinically unevaluated people aged 65 and over in community and primary care populations
  • Psychosocial interventions for self‐harm in adults
  • Surgical versus conservative interventions for treating anterior cruciate ligament injuries

 Most downloaded updated reviews(改訂レビュー) 

  • Midwife‐led continuity models versus other models of care for childbearing women
  • Electronic cigarettes for smoking cessation
  • Discharge planning from hospital
  • Vitamin D supplementation for women during pregnancy
  • Workplace interventions for reducing sitting at work

これらのレビューを読むには、下記のページからリンクを辿って下さい。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

第三回多発性硬化症サマーカレッジの発表内容をClinical and Experimental Neuroimmunology特集号で無料公開中


Practical issues and new horizons in MS, NMOSD and related disorders
2016年8月6日-7日に神戸で開催された第3回MS サマーカレッジでの講演を中心にまとめたレビュー集、”Practical issues and new horizons in MS, NMOSD and related disorders”がClinical and Experimental Neuroimmunologyから出版されました。全ての論文にどなたでも無料でアクセス頂けますので、この機会に是非ご覧ください。

本サマーカレッジの学長を務められました、藤原一男先生(福島県立医科大学 多発性硬化症治療学講座 教授)から本特集号のご紹介頂きました。本文と併せてご一読ください。

  無料公開中  
Clinical and Experimental Neuroimmunology 第8巻s1号

****************************************

福島県立医科大学教授 藤原一男先生によるご紹介

 第3 回MS サマーカレッジは,2016 年8 月6 日(土)および7 日(日)に神戸ポートピアホテルにて開催されました。MS サマーカレッジは第1 回は福岡,第2 回は札幌で開催され,我が国のMS やNMO,その他の関連疾患に興味をもつ神経内科医や研究者が,一般の学会とは異なるリラックスした雰囲気の中で気軽に交流し議論し合える場を提供してきました。今回は,“Practical issues and new horizons in MS, NMOSD and related disorders”をメインテーマとして,昨年から埼玉医大の野村恭一先生,新潟大学の河内 泉先生と共に会の企画を練りプログラムを作成しました。そして当日は,国内外の招待演者を含めて約100 名の方々の参加があり,この領域の様々なトピックスについて熱心な議論が繰り広げられました。

 第1 日は,まずオープニングの講演としてMonika Bradl 先生(ウイーン医科大学)が,NMO の病態に関する実験的研究のこれまでの歩みを,先生ご自身の豊富なデータをもとに詳しく解説してくださいました。次に河内 泉先生(新潟大学)は,最近Annals of Neurology に掲載された前部視覚路の臨床,検査所見とミトコンドリア異常とアクアポリン4 の発現変化を含めた分子病態について興味深いデータを紹介されました。一方,Fu-Dong Shi 先生(天津医科大学)は,神経免疫学の知識を脳梗塞治療に応用するというユニークな研究をなさっており,フィンゴリモドやナタリズマブによる脳虚血の急性期治療の成績を提示していただきました。さらに一般演題の口演,ポスター発表に加えて,“症例クイズ”のセッションでは,参加者の皆さんをグループに分けワインを飲みながらリラックスした雰囲気の中で興味深い3 症例が提示され,その診断や治療方針などについて各グループの意見を出し合い会場は大いに盛り上がりました。

 第2 日は,新野正明先生(北海道医療センター)がMS の初期段階であるRadiologically Isolated Syndrome/Clinically Isolated Syndrome の定義,適切な経過追跡や治療開始のタイミングなどについてご講演いただきました。続いて越智博文先生(愛媛大学)が小児MS について診断基準,臨床的特徴,治療の実際などについて成人例との相違点を丁寧に解説してくださいました。さらに中島一郎先生(東北大学)はMS とNMO の境界線上にあるともいうべき症例を提示し,その診断上の課題や薬剤の選択などについて議論していただきました。会の締めくくりのセッションでは“再髄鞘化と機能回復”というタイトルで2 名の専門家にご講演いただきました。中原 仁先生(慶応大学)は,再髄鞘化が機能回復に重要であるがMS の病状進展とともに起こりにくくなること,再髄鞘化のキーになる分子とその調節,また再髄鞘化を画像化する取り組みについて最新のデータを紹介していただきました。田島文博先生(和歌山県立医科大学)は,リハビリテーション医学の専門家で,脊髄損傷における様々な病態生理学的な知見を解説し,またチーム医療による急性期からの積極的なリハビリテーションによる機能回復の実例について提示してくださいました。田島先生のご講演は,私たちのMS,NMO の患者さんたちのリハビリテーションのあり方にも大きな示唆を与えるものとなりました。

 このClinical and Experimental NeuroimmunologyのSupplement には,今回のMS サマーカレッジの上記講演のトピックスに関する総説と症例報告,そして全演題の抄録を掲載しております。MS,NMO の最新情報と会の熱気を多少なりとも感じ取っていただければ幸いです。

 なお会の初日である8 月6 日(土)は夜に神戸の花火大会があったため多くの人出があり,会場のポートピアホテル周辺は交通が大変混雑しました。しかし一部の参加者の方々は会の懇親会の後に三宮や元町に場所を移して深夜まで議論が続いたと聞いております。第3 回MS サマーカレッジに参加されたすべての方々に御礼を申し上げるとともに,来年の夏も今年以上に実り多い会になることを期待しております。

オンラインジャーナルサイトはこちらから
ご投稿はこちらから

カテゴリー: 免疫学, 神経医学, 神経科学 | タグ: | コメントは受け付けていません。

2016年12月の医学・看護・獣医学書ベストセラーはこちら! / TNM悪性腫瘍分類 最新第8版がトップに

日本で12月に最もよく売れたWileyの医学・看護・獣医学書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

TNM Classification of Malignant Tumours, 8th Edition1位 TNM Classification of Malignant Tumours, 8th Edition
Edited by James D. Brierley, Mary K. Gospodarowicz, Christian Wittekind
ISBN: 978-1-119-26357-9
Paperback / 272 pages / December 2016

悪性腫瘍の病期分類に用いられ、現代のがん診療には欠かせない「TNM悪性腫瘍の分類」の、7年ぶりの改訂となる最新第8版です。TNM分類を定める国際組織Union for International Cancer Control (UICC)との全面的な提携によって編纂され、高い信頼性が保証されています。今回の改訂では、p16陽性中咽頭がん、胸腺がん、膵神経内分泌腫瘍、肉腫のそれぞれについて新たに病期分類が追加されましたた。がん診療に関わる人には必携の一冊です。

Tumors in Domestic Animals, Fifth Edition2位 Tumors in Domestic Animals, 5th Edition
Donald J. Meuten (Editor)
ISBN: 978-0-8138-2179-5
Hardcover / 1000 pages / November 2016

一般的な家畜の腫瘍病理に関する権威ある参考書の最新改訂版です。今回の改訂では図版がフルカラー化され、最新の研究成果をより視覚的に伝えます。

Laparoscopic Liver, Pancreas, and Biliary Surgery: Textbook and Illustrated Video Atlas3位 Laparoscopic Liver, Pancreas, and Biliary Surgery: Textbook and Illustrated Video Atlas
Claudius Conrad (Editor), Brice Gayet (Editor)
ISBN: 978-1-118-78117-3
Hardcover / 504 pages / November 2016

肝胆膵手術を手掛ける外科医が腹腔鏡下手術の手技を習得するために最適の動画アトラスです。当分野のパイオニアとして名高いBrice Gayet博士(Institute Mutualiste Montsouris)を共著者に迎え、教育的な30のムービーと高画質の図版、権威ある解説を提供します。

Errors in Veterinary Anesthesia4位 Errors in Veterinary Anesthesia
John W. Ludders, Matthew W. McMillan
ISBN: 978-1-119-25971-8
Hardcover / 168 pages/ October 2016

獣医麻酔の実践のために「失敗から学ぶ」ことをテーマにした初めての参考書です。麻酔治療中に起こりうる失敗の原因と、それらを避けるためのコツを、実例に基づいて解説します。

Practical Guide to Catheter Ablation of Atrial Fibrillation, 2nd Edition5位 Practical Guide to Catheter Ablation of Atrial Fibrillation, 2nd Edition
Jonathan S. Steinberg, Pierre Jais, Hugh Calkins
ISBN: 978-1-118-65850-5
Hardcover / 408 pages / December 2015

不整脈の一種である心房細動に対するカテーテルアブレーション治療のための好評ガイド書の第2版です。3人の世界的な専門医が執筆し、医師・看護師ほか医療スタッフに求められる実用的かつ最新の知識を盛り込んでいます。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

新着コクランレビュー 「妊婦のてんかん治療と子の身体的健康」

TCL_logo_506x105コクランてんかんグループは、妊娠中のてんかん治療に関する新しいレビュー「妊婦のてんかん治療と子の身体的健康(”Treatment for epilepsy in pregnant women and the physical health of the child”)」の公開を発表しました。

ほとんどの抗てんかん薬は妊娠中に投与した場合、大奇形の発現リスクをわずかに伴いますが、このレビューでは、バルプロ酸が高リスクであることを強調しています。バルプロ酸は、一部のてんかんでは現在最も有効な治療薬であるため、治療法の選択にあたっては、利益と有害性の双方について率直に話し合い、十分な情報に基づいて判断することが必須となります。本レビューは、妊娠している可能性のある女性に対するてんかん治療の選択肢の情報を提供するという意味で極めて重要です。

(ソース: コクラン日本支部ホームページ

カテゴリー: 精神医学 | タグ: | コメントは受け付けていません。

慢性腰痛に対するモーターコントロールエクササイズ / Cochrane Journal Clubがコクランレビューの学習用素材を無料提供

Cochrane Journal Clubコクラン・ライブラリー内のセクションのひとつ Cochrane Journal Club は、新着コクランレビューの中から特に注目度の高いものを選んで内容を紹介する学習用サイトです。このサイトでは、次のような学習用素材が無料で公開されています。

  • レビューの本文
  • 研究の背景の解説
  • レビューの内容を要約したPowerPointスライド
  • 著者自身が要旨を音声解説するポッドキャスト
  • 理解度を確かめるための選択式問題

この Cochrane Journal Club で、原因がはっきりしない非特異性慢性腰痛に対する運動療法「モーターコントロールエクササイズ」の効果に関するコクランレビューが新たに取り上げられました。2016年1月に公開されたこのレビューは、2,431人の被験者を対象とした29のランダム化臨床試験の結果に基づくシステマティック・レビューです。英語文献の勉強会・輪読会の素材として、またコクランレビューとEBMに親しむための独習用にご利用下さい。

カテゴリー: 整形外科 | タグ: | コメントは受け付けていません。

2016年11月の医学・看護・獣医学書ベストセラーはこちら!

日本で11月に最もよく売れたWileyの医学・看護・獣医学書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

Dental Caries1位 Dental Caries: The Disease and its Clinical Management, 3rd Edition
Edited by Ole Fejerskov, Bente Nyvad, Edwina Kidd
ISBN: 978-1-118-93582-8
Hardcover / 480 pages / March 2015

歯のう蝕(虫歯)に関する基本的な知識と診断・治療法をまとめた、学部生~院生レベルの教科書です。世界的に著名な専門医らによって執筆された権威ある記述を特長とする本書は、2003年刊行の初版から改訂を経て今回が第3版となります。

Atlas for the Diagnosis of Tumors in the Dog and Cat2位 Atlas for the Diagnosis of Tumors in the Dog and Cat
Anita R. Kiehl, Maron Brown Calderwood Mays
ISBN: 978-1-119-05121-3
Hardcover / 248 pages / August 2016

犬・ネコにおける腫瘍の診断に役立つ診断ツールとなるアトラスです。正常・異常な状態を示す検体386点の画像を掲載し、獣医師が異常の有無と異常の原因を判定するのを助けます。診断法と検体の取り扱いを解説する章も併せて収録。

Endoscopic Ultrasonography, 3rd Edition3位 Endoscopic Ultrasonography, 3rd Edition
Editors: Frank G. Gress, Thomas J. Savides
ISBN: 978-1-118-78110-4
Hardcover / 312 pages / February 2016

Endoscopic Ultrasonography(EUS: 超音波内視鏡検査)は近年急速な進歩を遂げ、消化器系疾患の診断・治療に欠かせない手法となっています。本書は当分野の高名な専門家を各章の執筆者に迎え、信頼性の高い最新知識を読者に提供します。約7年ぶりの改訂となる今回の第3版では、新たに7つの章(Learning Anatomy for EUS / Elastography / Lung Cancer / Autoimmune Pancreatitis / EUS for Liver Disease / Biliary Access / Pancreatic Fluid Collection Drainage)を追加するとともに、既存の章の記述を大幅に刷新、また多数のカラー図版を加えています。

BSAVA Manual of Canine and Feline Anaesthesia and Analgesia, 3rd Edition4位 BSAVA Manual of Canine and Feline Anaesthesia and Analgesia, 3rd Edition
Edited by Tanya Duke-Novakovski, Marieke Vries de, Chris Seymour
ISBN: 978-1-905319-61-9
Paperback / 400 pages/ June 2016

BSAVA(英国小動物獣医師会)による好評のマニュアルシリーズ中、犬・ネコへの麻酔鎮痛法を扱う一冊の最新改訂版です。

Training and Coaching the Paralympic Athlete5位 Training and Coaching the Paralympic Athlete
Edited by Yves C. Vanlandewijck & Walter R. Thompson
ISBN : 978-1-119-04433-8
Paperback / 256 pages / August 2016

定評ある IOC Handbook of Sports Medicine and Science シリーズの新刊となる本書は、スポーツ医学の世界的な権威者が各章を執筆し、国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)から推薦を受けています。パラリンピック出場選手および障害を持つアスリート一般のトレーニング/コーチングに関わるスポーツドクターとその関係者のために、実用的かつ最新の医学知識を提供します。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

系統的レビューとは? / コクラン日本支部が説明用動画を翻訳、YouTubeで公開

コクラン日本支部は、系統的レビュー(システマティック・レビュー)の重要性と実施方法を説明する約3分半の英語版動画に日本語字幕を付けて、同支部のYouTubeアカウントで公開しました。

Cochrane Consumers and Communication Groupが制作したこの動画は、系統的レビューの意義を分かりやすく解説するとともに、エビデンス提供のためにどのようにして介入の効果を比較するかについても説明しています。

 日本語字幕を表示するには、表示画面の下部にある右から4つ目の「字幕」アイコンをクリックしてONに切り替えて下さい。(下図)
YouTube

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

自動電話システム(ATS)による患者の自己健康管理の支援について新たなエビデンスが示される(コクランレビュー)

2016年12月14日(英国時間)、コクラン・ライブラリーに掲載された新しいコクランレビューは、長期的な健康状態の予防および管理において、自動電話システム(ATS)は医療の提供に重要な役割を担う可能性があると結論付けました。

このコクランレビューは、音声メッセージを患者に送り、相手のプッシュホン電話の数字キーまたは音声認識ソフトを用いて患者から健康情報を収集する自動電話通信システム(Automated telephone communication systems、ATCS)と呼ばれる技術を評価する132の試験を対象にしたものです。詳細は下のリンク先をご参照下さい。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

2016年10月の医学・看護・獣医学書ベストセラーはこちら!

日本で10月に最もよく売れたWileyの医学・看護・獣医学書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章(Read an Excerpt)など、詳しい内容をご覧いただけます。

Pancreatic Cancer, Cystic Neoplasms and Endocrine Tumors: Diagnosis and Management1位 Pancreatic Cancer, Cystic Neoplasms and Endocrine Tumors: Diagnosis and Management
Edited by Hans G. Beger, Akimasa Nakao, John P. Neoptolemos, Shu You Peng, and Michael G. Sarr
ISBN: 978-0-470-67318-8
Hardcover / 456 pages / March 2015

本書は、早期発見がしにくく治療が困難とされる膵臓がんの診断・治療ガイドとして、今後の定本となるべき一冊です。欧州における消化器外科学の権威として名高いHans G. Beger独ウルム大学名誉教授や膵臓がん手術の第一人者として知られる中尾 昭公名古屋セントラル病院院長(名古屋大学名誉教授)らが編集チームを構成、各章の執筆者も著名な専門医が名前を連ねています。内視鏡・放射線診断法とともに最新の治療テクニックについての記述が充実し、また上質なフルカラー画像や主要な学会によるガイドラインへの参照が読者の理解を助けます。

Ultrasonic Periodontal Debridement: Theory and Technique2位 Ultrasonic Periodontal Debridement: Theory and Technique
Marie D. George, Timothy G. Donley, Philip M. Preshaw
ISBN: 978-1-118-29545-8
Paperback / 232 pages / July 2014

超音波スケーラーによる歯周デブライドメントに関する基本的な知識とテクニックを総合的に解説する、初めての教科書です。

Atlas for the Diagnosis of Tumors in the Dog and Cat3位 Atlas for the Diagnosis of Tumors in the Dog and Cat
Anita R. Kiehl, Maron Brown Calderwood Mays
ISBN: 978-1-119-05121-3
Hardcover / 248 pages / August 2016

犬・ネコにおける腫瘍の診断に役立つ診断ツールとなるアトラスです。正常・異常な状態を示す検体386点の画像を掲載し、獣医師が異常の有無と異常の原因を判定するのを助けます。診断法と検体の取り扱いを解説する章も併せて収録。

Clinical Periodontology and Implant Dentistry, 6th Edition, 2 Volume Set4位 Clinical Periodontology and Implant Dentistry, 6th Edition, 2 Volume Set
Edited by Niklaus P. Lang, Jan Lindhe
ISBN: 978-0-470-67248-8
Hardcover / 1480 pages (in 2 volumes) / April 2015

歯周治療・インプラント治療に関わる歯科医に必携とされる参考書が、旧版の約40%に相当する大幅な改訂を経て第6版として刊行されました。当分野の権威ある専門医らによって執筆され、歯周病学の基礎から最新の治療テクニックまでを網羅的に解説します。

Atlas of Small Animal Ultrasonography, 2nd Edition5位 Atlas of Small Animal Ultrasonography, 2nd Edition
Dominique Penninck (Editor), Marc-Andre d’Anjou (Editor)
ISBN: 978-1-118-35998-3
Hardcover / 584 pages / August 2015

このアトラスは、小動物の超音波診断で正常・異常を判断するのに役立つ2千点以上の高画質図版を収録しています。よく見られる異常から希少な異常までを幅広く取り上げます。購入者がアクセスできる専用ウェブサイトでは、140点以上の動画も提供します。


ご注文は最寄りの書店・ネット書店で承ります。

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。

ご存知でしたか? 日本語で読めるコクラン・エビデンス

コクラン共同計画 (The Cochrane Collaboration) によるシステマティック・レビュー(コクラン・レビュー)の原文は英語で書かれますが、一部のレビューのアブストラクト(抄録)は日本語訳が公開されています。コクラン共同計画の日本語サイトでは、11月16日現在で1,180報のレビューの日本語抄録を閲覧できます。

Cochrane 1

このページの検索ボックスに日本語の検索ワードを入力して、日本語抄録を検索することもできます。例えば「糖尿病」と入力して検索を実行すると、112件の抄録がヒットします。

Cochrane 2

エビデンスとして質の高いコクランレビューを手軽に発見し、内容を迅速に理解するための手段としてご利用いただけます。日本語抄録を読んで興味を持った場合は、リンクを辿ってコクラン・ライブラリー中のレビュー本文を参照できます。(コクラン・ライブラリーへのアクセス権が必要です)

Cochrane 3

そのほか、コクラン日本支部のFacebookページでも、注目の新着レビューの紹介やイベント情報を見ることができます。併せてのご利用をおすすめします。

Cochrane 4

カテゴリー: 一般 | タグ: | コメントは受け付けていません。