Wileyジャーナルの2011年インパクトファクター速報|物理学 - Acta Crystallographica Section Dは12.619

先に発表された2011年インパクトファクターにおいて、Acta Crystallographica Section Dは前年を100%上回るIF 12.619を獲得するなど好結果を収めました。

  • Acta Crystallographica Section D: 12.619 (「Crystallography」カテゴリーで第2位)
  • Laser & Photonics Reviews: 7.388 (「Optics」カテゴリーで第2位)

これらのほか、Wileyの代表的な物理学ジャーナルのインパクトファクターをWiley Asiaブログで公開しています。
 ⇒ Wiley Asia Blog – Making an Impact in Physics

カテゴリー: ジャーナル タグ: パーマリンク