2016年ノーベル化学賞発表! 受賞者三氏がWileyから出版した「分子マシン」関連文献を紹介 / 今月刊行の最新刊も

2016年ノーベル化学賞は、「分子マシンの設計と合成」への貢献により、仏ストラスブール大学のジャンピエール・ソバージュ(Jean-Pierre Sauvage)教授、米ノースウエスタン大学のJ・フレーザー・ストッダート(J Fraser Stoddart)教授、オランダ・フローニンゲン大学のバーナード・フェリンガ(Ben L. Feringa)教授の三氏に贈られることが決まりました。

受賞者三氏の業績については、Chem-Stationさんの速報記事などで紹介されています。また三氏の主要な論文と、この分野の発展を知るための参考文献は、ノーベル財団の発表資料であるAdvanced Informationや、化学ニュースサイトChemistry Viewsの記事などでご覧いただけます。

受賞者の発表を待つWiley-VCHのエディターたち。左から2人目がAngewandte Chemie編集長Peter Goelitz

受賞者の発表を待つWiley-VCHのエディターたち。左から2人目がAngewandte Chemie編集長Peter Goelitz

三氏はいずれも、Angewandte Chemie International EditionをはじめとするWileyのジャーナルで多くの論文を発表してきたほか、ジャーナルの編集委員や書籍の著者・編者としてWileyの出版活動に深く関わってきました。ここでは、上記の参考文献リストに載っていないものも含めて、Wileyがこれまでに出版してきた論文・書籍の中から三氏の業績を理解するのに役立つおすすめの文献をご紹介します。


 論文  (本文を読むにはアクセス権が必要です)

  • Balzani, V., Credi, A., Raymo, Françisco M. and Stoddart, J. Fraser. (2000), Artificial Molecular Machines. Angewandte Chemie International Edition, 39: 3348–3391. doi:10.1002/1521-3773(20001002)39:19<3348::AID-ANIE3348>3.0.CO;2-X
    ストッダート教授らによる分子マシンに関する総説。これまでに1千回以上引用
     
  • Jiménez, M. C., Dietrich-Buchecker, C. and Sauvage, J.-P. (2000), Towards Synthetic Molecular Muscles: Contraction and Stretching of a Linear Rotaxane Dimer . Angewandte Chemie International Edition, 39: 3284–3287. doi:10.1002/1521-3773(20000915)39:18<3284::AID-ANIE3284>3.0.CO;2-7
    筋肉の収縮運動を模倣する「分子筋肉」の開発を初めて報告したソヴァージュ教授らの論文
     
  • Dietrich-Buchecker, C. O. and Sauvage, J.-P. (1989), A Synthetic Molecular Trefoil Knot. Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 28: 189–192. doi:10.1002/anie.198901891
    ソヴァージュ教授らが初めて開発に成功した「三葉結び目」の分子の報告
     
  • C. Cheng, J. F. Stoddart, Wholly Synthetic Molecular Machines. ChemPhysChem 2016, 17, 1780.
    分子マシンの設計・合成に関するストッダート教授の最新の総説

 インタビュー記事  (本文を読むにはアクセス権が必要です)

  • (2011), Author Profile: Ben L. Feringa. Angew. Chem. Int. Ed., 50: 1470–1472. doi:10.1002/anie.201006997
    Angewandte Chemie International Editionに掲載されたフェリンガ教授のAuthor Profile。自身のこれまでのキャリアや化学に対する思いを語っています

 書籍 
(「オンライン版」を読むには、ご所属機関で電子書籍Wiley Online Booksの契約が必要です)

NEW! The Nature of the Mechanical Bond: From Molecules to Machines
Carson J. Bruns, J. Fraser Stoddart
ISBN: 978-1-119-04400-0
October 2016 / Hardcover / 786 pages

今月出版されるストッダート教授の注目の新著。

The Nature of the Mechanical Bond
Macrocyclic and Supramolecular Chemistry: How Izatt-Christensen Award Winners Shaped the Field
Reed M. Izatt (Editor)
ISBN: 978-1-119-05384-2
June 2016 / Hardcover / 504 pages

大環状分子・超分子化学分野の「Izatt-Christensen国際賞」の25周年記念論文集。第20章Serendipityをストッダート教授が、また第22章Contractile and Extensile Molecular Systems: Towards Molecular Musclesをソヴァージュ教授がそれぞれ寄稿

Macrocyclic and Supramolecular Chemistry
Molecular Switches, 2nd, Completely Revised and Enlarged Edition, 2 Volume Set
Ben L. Feringa (Editor), Wesley R. Browne (Editor)
ISBN: 978-3-527-31365-5
July 2011 / Hardcover / 824 pages

フェリンガ教授が共編者を務め、分子スイッチに関する成果を集大成した全2巻の大著。ソヴァージュ教授が第4章Transition Metal-Complexed Catenanes and Rotaxanes as Molecular Machine Prototypes、フェリンガ教授が第5章Chiroptical Molecular Switchesと第14章Responsive Molecular Gelsをそれぞれ寄稿

Molecular Switches, 2nd, Completely Revised and Enlarged Edition
From Non-Covalent Assemblies to Molecular Machines
J. P. Sauvage (Editor), Pierre Gaspard (Editor)
ISBN: 978-3-527-32277-0
October 2010 / Hardcover / 506 pages

ソヴァージュ教授が共編者を務めた論文集で、当分野の主要な研究者が各章の著者として名前を連ねています。ストッダート教授が第8章A Short History of the Mechanical Bond、ソヴァージュ教授が第14章Rearrangement of a Surface-Deposited [2]Catenane by Coordination to Copper(I) at the Single-Molecule Level、フェリンガ教授が第17章Synthetic Molecular Machines Based on Non-Interlocked Systems: From Concept to Applicationsと第33章Controlling Self-Assembly in Space and Timeを執筆

From Non-Covalent Assemblies to Molecular Machines
Molecular Catenanes, Rotaxanes and Knots: A Journey Through the World of Molecular Topology
By: J. P. Sauvage, Christiane Dietrich-Buchecker
ISBN: 978-3-527-29572-2
August 1999 / Hardcover / 382 pages

ソヴァージュ教授が共編者を務めるとともに第6章Molecular Knots – From Early Attempts to High-Yield Template Synthesesを執筆、またストッダート教授が第7章Organic Template-Directed Syntheses of Catenanes, Rotaxanes, and Knotsを、またカテナン合成に初めて成功した先駆者エーデル・ワッサーマンも第1章Chemical Topology – Statistical Musingsをそれぞれ寄稿しています

Molecular Catenanes

 「分子マシン」研究を知るのに役立つ三氏以外の著作 

Molecular Devices and Machines: Concepts and Perspectives for the Nanoworld, 2nd Edition
Vincenzo Balzani, Alberto Credi, Margherita Venturi
ISBN: 978-3-527-31800-1
February 2008 / Hardcover / 588 pages

分子デバイス・分子マシンの概念とさまざまな事例を分かりやすく解説し、この分野の入門書としておすすめです

Molecular Devices and Machines
Asian Journal of Organic Chemistry
Special Issue: Molecular Devices and Machines
2015年に発行された特集号。ロタキサン型分子シャトル、薬物送達や超分子触媒、光化学など、分子デバイス・分子マシンのさまざまな分野への応用を論じる総説および原著論文13報を収載
Asian Journal of Organic Chemistry
カテゴリー: 書籍, 論文 タグ: パーマリンク
2019年5月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 過去3日間の人気記事

    1. 論文を書くとき毎回悩む人に朗報 - 最難関「Discussion」は、こう書けば大丈夫
    2. <記事紹介> 論文の共著者に誰を入れるか、入れないか / 判断基準はどうあるべき?
    3. 世界の研究者190万人が利用している「ORCID」って何? 研究者・学生もこれだけは知っておきたい基礎知識
    4. 直径7cmの接着面で10トントラックを持ち上げた3Mの接着剤が、ギネス世界記録に認定される
    5. <記事紹介> フリッツ・ハーバーの妻クララの自殺は、夫の化学兵器開発への抗議のためではなかった?
  • 最近の投稿

  • カテゴリー