<新刊紹介> 環境史家ヨアヒム・ラートカウが環境保護運動の世界史を描く”The Age of Ecology”(エコロジーの時代)待望の英語版

The Age of EcologyThe Age of Ecology
 Joachim Radkau
 ISBN: 978-0-7456-6216-9
 Hardcover / 600 pages / January 2014 / Polity Press
 US $45.00

ドイツの歴史家ヨアヒム・ラートカウ(Joachim Radkau)は、特に環境史に関する著作で世界的に知られ、「自然と権力 ―― 環境の世界史」(みすず書房)などの邦訳もあります。本書”The Age of Ecology”は、ラートカウが環境保護運動の歴史に目を向けた”Die Ära der Ökologie. Eine Weltgeschichte”(2011年出版)の初の英語版です。

18世紀末からのロマン主義時代に最初の高まりを見せた環境保護運動は、1970年頃からの社会運動の興隆とともに広範な市民層に拡大し、その後もチェルノブイリ原発事故や地球温暖化の危機などに反応して興隆を繰り返してきました。本書でラートカウは、欧米だけでなく日本を含む世界全体を視野に入れ、さまざまな問題意識や思想的背景を持つ環境保護運動の潮流を多層的に描いています。環境保護運動を世界史的に記述した本は類書が非常に乏しく、環境史の権威によって書かれた本書の価値を特に高めています。

今回の英語版は、ドイツ語による原著の単なる英訳ではなく、ラートカウによる大幅な加筆・改訂を受けています。原著がドイツで出版されたのは2011年2月末で、その直後の3月11日に、日本は東日本大震災とそれに伴う福島第一原発事故に見舞われました。環境史家として、「3.11」以降のドイツの原子力政策についてコメントを求められることの多かったラートカウは、その中で重ねた思索の成果を盛り込んだと英語版への序文で語っています。

 本書の目次 

Preface to the English Edition

Introduction: The Green Chameleon

Chapter One: Environmentalism before the Environmental Movement
1. Good Mother Nature and the ‘Appalling Wood Shortage’: The Twin Face of Nature in the Decline of the Commons
2. Nature in Need of Protection and Nature as Healing Power: Environmental Activism in the ‘Nervous Age’
3. ‘The Desert Threatens’: Environmental Fears in the Age of Crisis – the New Deal and Nazi Germany
4. Think Big! A Charismatic Intermezzo on the Olympian Heights

Chapter Two: The Great Chain Reaction: the ‘Ecological Revolution’ in and around 1970

Chapter Three: Networked Thinking and Practical Priorities: an Endless Interplay
1. On the Ecology of Ecologism
2. Water and the Atom
3. Changing Priorities: the Movement in Motion

Chapter Four: Charismatics and Ecocrats
1. Spiritual Quest and Charismatic Moments
2. Ten Heroines Embodying Tensions in the Movement
3. Institutionalization, Routinization, Revitalization

Chapter Five: A Friend-Enemy or Win-Win Scenario?
1. From Nuclear Power to the Spotted Owl
2. Violence and the Green Conscience
3. Ecology and Economics: the Challenge of Conceptual Analogy

Chapter Six: Ecology and the Historic Turn of 1990 – From Social Justice to Climate Justice?

Conclusion: The Dialectic of Green Enlightenment

カテゴリー: 書籍 パーマリンク