Pd触媒を用いたC-H, C-P結合切断を経るホスホール合成反応|大阪大・茶谷直人教授らの論文がAngew. Chem. Int. Ed.のHot Paperに選ばれる

chatani_cover大阪大学大学院工学研究科・茶谷 直人教授の研究室による、パラジウム触媒を用いた炭素-水素、炭素-リン結合切断を経るホスホール誘導体の直接合成反応に関する論文(右画像)が、Angewandte Chemie International Edition (ACIE) のHot Paperに選ばれました。

ホスホール環を含む誘導体は、ユニークな光学特性・電子特性を持つことから、近年有機材料として関心を集めています。茶谷教授らが今回報告した合成法は、さまざまなホスホール架橋ビアリール化合物を、入手が容易で安定性が高いトリアリールホスフィンを出発原料として、従来の方法よりも簡易に製造できるようにするものです。反応として興味深いものであると同時に、今後の応用の発展が期待されます。

■ ACIEでは、急速な展開によって注目を集めている分野における研究で、編集委員が特に重要性を認めた論文をHot Paperとしています。
 ⇒ 最近Hot Paperに選ばれた論文

カテゴリー: 論文 タグ: パーマリンク