Angewandte Author Profilesで東京大学・井上将行先生を紹介

Angewandte Chemie International Editionでは、“Angewandte Author Profiles”と題して、同誌への掲載論文が10報・25報・50報・100報に達した著者へのインタビューを写真付きで紹介しています。

この度、掲載論文が10報となった東京大学大学院薬学系研究科・井上将行先生のAuthor Profileが同誌オンライン版で公開されました。ぜひご覧下さい。(同誌プリント版ではVolume 50, Issue 39 (September 19, 2011) に掲載されます)
⇒ Author Profile – Masayuki Inoue 本文を読むには”Article”タブまたは View Full Article (HTML) / Get PDF いずれかのリンクをクリックして下さい(アクセス権が必要です)

Wiley-VCHとChemPubSoc Europe(欧州の16化学会の連合体)が提供する無料の化学ニュース配信サイトChemistry Viewsでも、9月の “Angewandte Author Profiles” 対象者のお一人として井上先生をご紹介しています。
⇒ Angewandte Author Profiles September

カテゴリー: ジャーナル, 論文 タグ: パーマリンク