8月のワイリー理工書ベストセラーはこちら!

日本で8月に最もよく売れたWiley(Wiley-Blackwell, Wiley-VCHを含む)の理工書トップ5をご紹介します。タイトルまたは表紙画像をクリックすると、目次やサンプル章など、詳しい内容をご覧いただけます。

1位 Organo Main Group Chemistry
Kin-ya Akiba
ISBN: 978-0-470-45033-8
Paperback / 288 pages / August 2011
当ブログに寄稿をいただいた秋葉先生のご著書が第1位となりました。
→ 「著者が語るWiley新刊 – 第1回 秋葉 欣哉先生 “Organo Main Group Chemistry”」

2位 Data Mining and Statistics for Decision Making
Stéphane Tufféry
ISBN: 978-0-470-68829-8
Hardcover / 716 pages / April 2011
データマイニングと統計的学習に用いられる古典的および最新の手法を、実例ともに分かりやすく解説。基本から上級者向けの概念までをカバーし、学生から実務家まで幅広い読者に役立ちます。

3位 Statistical Methods for Quality Improvement, 3rd Edition
Thomas P. Ryan
ISBN: 978-0-470-59074-4
Hardcover / 704 pages / August 2011
品質管理に役立つ統計的手法を解説する好評テキストの新版。最新の研究成果を踏まえて旧版の記述を刷新するとともに、新たにリーン・シックスシグマ、シックスシグマなどの手法をカバーしました。

4位 Handbook of Battery Materials, 2nd Edition, 2 Volume Set
Claus Daniel (Editor), J. O. Besenhard (Editor)
ISBN: 978-3-527-32695-2
Hardcover / 1023 pages / October 2011
電池材料に関する最新の知見を収録する包括的な参考図書の改訂第2版。旧版の内容を20%増補し、電池の特性、加工技術、故障機構といった新しい章を追加しました。

5位 LTE – The UMTS Long Term Evolution: From Theory to Practice, 2nd Edition
Stefania Sesia, Issam Toufik, Matthew Baker
ISBN: 978-0-470-66025-6
Hardcover / 792 pages / August 2011
好評の旧版を改訂し、LTE・LTE-Advancedについての最新の知識を盛り込んだ本書は、LTE技術の実用的な側面に加えて、その根底にある理論まで理解できるよう編集されています。

ご注文は最寄りの書店・ネット書店にお願いいたします!

カテゴリー: 書籍 タグ: パーマリンク