論文を書くときの順序、どうしていますか? AbstractやIntroductionを後回しにする、この方法がおすすめ

論文を書こうというときに、最初にどこから手を付け、どのような順序で書き進めますか? 出来上がりの論文の構成と同じように、タイトル → Abstract → Introduction… のような順序で書こうとしていませんか。

このほどBiotechnology Journalの連載セクションBiotecVisionsに掲載された記事は、この「論文を書くときの順序」について解説しています。それによると、上記のように実際の論文通りの順序で書くのは、初心者が犯しやすい誤りで、無駄に書きにくくなるだけだということです。
■ BiotecVisions – Steps in manuscript preparation

この記事は、論文執筆のノウハウをまとめた参考書Getting Published in the Life Sciencesに基づいて、以下のような順序で書き進めることを推奨しています。基本的には、最初に論文の中心となるメッセージを決めるとともに、「Results」「Materials and methods」から書き進め、「Introduction」「Discussion」は後回しにする(「inside-out」アプローチ)というものです。皆さんのこれまでの書き方と比べて、どうですか?

“take-home messages”(論文で伝えたい重要ポイント)を2~4つ考える
 ↓
仮のタイトルを決める
 ↓
Results (figures and tables)
 ↓
Materials and methods
 ↓
Introduction
 ↓
Discussion
 ↓
Abstract
 ↓
Title, keywordsなどを決定

リンク先の原文や、上記書籍もご参考にして下さい。

カテゴリー: 一般 タグ: パーマリンク