大阪大学・森田靖先生のAngewandte Author Profileを公開(10報目)

Angewandte Chemie International Editionでは、“Angewandte Author Profiles”と題して、同誌で過去10年間に発表した論文が10報・25報・50報・100報に達した著者のプロフィールを写真付きで紹介しています。

この度、同誌に10報目の論文を発表された大阪大学大学院理学研究科・森田 靖 准教授のAuthor Profileが、Early Viewとしてオンラインで先行公開されました。ぜひご覧下さい。

 ⇒ Author Profile – Yasushi Morita. Angew. Chem. Int. Ed.. doi: 10.1002/anie.201208429.
(Author Profileの本文を読むには、Angewandte Chemie International Editionへのアクセス権が必要です)


■ 森田先生がWileyから出版された著書 (それぞれ1章を寄稿)

Fragments of Fullerenes and Carbon Nanotubes: Designed Synthesis, Unusual Reactions, and Coordination Chemistry (2011) Stable Radicals: Fundamentals and Applied Aspects of Odd-Electron Compounds (2010)
(第4章 Curved p-Conjugated Stable Open-Shell Systems Possessing Three-Dimensional Molecular/Electronic Spin Structuresを執筆) (第3章 Phenalenyls, Cyclopentadienyls, and Other Carbon-Centered Radicalsを執筆)
カテゴリー: ジャーナル, 論文 タグ: , パーマリンク