京都大・北川進教授らの論文がChem. Eur. J.のVIP (Very Important Paper)に選ばれる

京都大学大学院工学研究科・北川 進教授(物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)副拠点長)らの研究グループによる、柔軟な多孔性銅(Ⅱ)配位高分子に関する論文が、Chemistry – A European JournalのVIP (Very Important Paper)に選ばれました。
 ⇒ VIP: A Soft Copper(II) Porous Coordination Polymer with an Unprecedented Aqua Bridge and Selective Adsorption Properties

この論文は、Early Viewとしてオンライン版で先行公開されています。(本文を読むにはアクセス権が必要です)
 ⇒ Quartapelle Procopio, E., Fukushima, T., Barea, E., Navarro, J. A. R., Horike, S. and Kitagawa, S. (2012), A Soft Copper(II) Porous Coordination Polymer with Unprecedented Aqua Bridge and Selective Adsorption Properties. Chem. Eur. J.. doi: 10.1002/chem.201201820

★ Chem. Eur. J.では、二人の査読者が特に重要性を認めた論文をVIP (Very Important Paper)としています。
 ⇒ 最近VIPに選ばれた論文

カテゴリー: 論文 タグ: パーマリンク