<論文紹介> アミドからケトンへのワンポット直接変換|中国の研究グループが一般的手法を開発

アミドはカルボニル化合物の中で最も反応性が低いため、アミドからケトンへの直接変換は、Weinrebアミドのような一部の例を除いて困難とされてきました。このほど中国Xiamen University(厦門大学)のPei-Qiang Huang教授らは、有機セリウムをアルキル化試薬として用いることで二級アミドを様々なケトンにワンポット直接変換する一般的手法を開発し、Asian Journal of Organic Chemistryで報告しました。今後、さまざまな有機合成反応への応用が期待されます。

論文はこちらです。(無料公開)
 ⇒ Xiao, K.-J., Wang, A.-E., Huang, Y.-H. and Huang, P.-Q. (2012), Versatile and Direct Transformation of Secondary Amides into Ketones by Deaminative Alkylation with Organocerium Reagents. Asian Journal of Organic Chemistry. doi: 10.1002/ajoc.201200066

この論文の内容は、化学ニュースサイトChemistry Viewsで本日紹介されました。
 ⇒ Chemistry Views – Ceri-ously Simple

カテゴリー: 論文 パーマリンク