ゼオライト細孔に閉じ込めたイリジウム錯体の発光に関する東工大・和田雄二教授らの論文がEurBest in Eur. JICに選ばれる


東京工業大学大学院理工学研究科・和田 雄二教授らの研究グループによる、ship-in-a-bottle合成によってゼオライトスーパーケージに閉じ込めたオルトメタル化イリジウム錯体の発光に関する論文が、European Journal of Inorganic Chemistry (Eur. JIC)で特に優れた論文EurBest in Eur. JICに選ばれました。
 ⇒ EurBest in EurJIC: Luminescence of ortho-Metalated Iridium Complexes Encapsulated in Zeolite Supercages by the Ship-in-a-Bottle Method

この論文はVolume 2012, Issue 19 (July 2012)に掲載され、同号の表紙を飾るとともにオンラインでも公開されています。(本文を読むにはアクセス権が必要です)
 ⇒ Xu, C., Mochizuki, D., Hashimoto, Y., Honda, T., Tsukahara, Y., Yamauchi, T. and Wada, Y. (2012), Luminescence of ortho-Metalated Iridium Complexes Encapsulated in Zeolite Supercages by the Ship-in-a-Bottle Method. Eur. J. Inorg. Chem., 2012: 3113–3120. doi: 10.1002/ejic.201200116

またこの論文については、化学ニュースサイトChemistry Viewsに解説記事が掲載されています。
 ⇒ Chemistry Views – Ship-in-a-Bottle

(参考)最近EurBest in Eur. JICに選ばれた他の論文

カテゴリー: 論文 タグ: パーマリンク