Clinical & Experimental Immunology誌 「衛生仮説・マイクロバイオーム(微生物叢)操作へのアプローチ」 特集号 論文投稿募集中

Clinical & Experimental ImmunologyHygiene Hypothesis and Approaches to Manipulating the Microbiome themed issue英国免疫学会の学会誌Clinical & Experimental Immunologyから2014年4月に「衛生仮説とマイクロバイオーム(微生物叢)操作へのアプローチ」をテーマとした特集号が出版される予定です。これに伴い2013年9月30日まで論文投稿を募集していますので、是非投稿をご検討ください。

テーマ: Hygiene Hypothesis and Approaches to Manipulating the Microbiome
投稿期限: 2013年9月30日まで
投稿サイト: http://mc.manuscriptcentral.com/cei
*投稿規定はこちらから。 ご投稿の際には”Themed issue 2014″のための原稿である旨明記ください。

以下のようなトピックスに焦点を当てます。詳細はこちらをご参照ください。
・栄養と慢性炎症の決定要因としてのマイクロバイオーム
・微生物・寄生虫遭遇による免疫調節結果
・自己免疫疾患と感染病の疫学
・腸管恒常性
・定着抵抗
・免疫調節・微生物調節療法

カテゴリー: 免疫学 タグ: パーマリンク

コメントは停止中です。