自動電話システム(ATS)による患者の自己健康管理の支援について新たなエビデンスが示される(コクランレビュー)

2016年12月14日(英国時間)、コクラン・ライブラリーに掲載された新しいコクランレビューは、長期的な健康状態の予防および管理において、自動電話システム(ATS)は医療の提供に重要な役割を担う可能性があると結論付けました。

このコクランレビューは、音声メッセージを患者に送り、相手のプッシュホン電話の数字キーまたは音声認識ソフトを用いて患者から健康情報を収集する自動電話通信システム(Automated telephone communication systems、ATCS)と呼ばれる技術を評価する132の試験を対象にしたものです。詳細は下のリンク先をご参照下さい。

Related posts:

  1. ご存知でしたか? 日本語で読めるコクラン・エビデンス
  2. 2015年に最も多く読まれたコクランレビューは? 新規・改訂レビューのトップ5を発表
  3. 非公開: ** 中止 ** 3月19日(土)20~23時 Wiley Online Libraryメンテナンスのため一時停止
カテゴリー: 一般   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。