Wiley-Blackwell医学・看護・獣医学ジャーナルの2011年インパクトファクター

<2016年6月発表の最新のインパクトファクターの記事はこちらをご参照ください>

本年発表された2011年インパクトファクター(IF)で、Wiley-Blackwell出版の医学・看護・獣医学分野のジャーナルのうち、322誌にIFが付与され、そのうち9誌は初のIFをこの度獲得しました。また、6誌がそれぞれの分野でトップを占め、54誌が各分野で上位10誌の中に入っています。
インパクトファクターを持っている全雑誌の中、アメリカがん協会のCA-A Cancer Journal for Cliniciansが2005年以降保っている連続首位を本年もキープし、史上初の100を超えるIF「101.780」が付与されました。
各分野ごとの状況は下記をご参照ください。

分野 Wiley-Blackwellジャーナルのインパクトファクター
医学一般
Cochrane Library

Cochrane Database of Systematic Reviews (CDSR) (IF 5.715)は昨年に続き上位10誌に入り、引用回数が2010年の27,366回から2011年には29,593に増加しています。
腫瘍学
CA: A Cancer Journal for Clinicians cover
同分野の194誌中19誌をWiley-Blackwellが出版しており、CA-A Cancer Journal for Clinicians (IF 101.780)は2005年連続首位をキープしています。
血液学
Journal of Thrombosis and Haemostasis cover
同分野の68誌中15誌をWiley-Blackwellが出版しており、Stem Cells (IF 7.781)及びJournal of Thrombosis and Haemostasis (IF 5.731)は上位10誌に入っています。
病理学
The Journal of Pathology cover
同分野の78誌中15誌をWiley-Blackwellが出版しており、The Journal of Pathology (IF 6.318)は病理学の基礎研究誌の中ではトップのジャーナルとなっています。
アレルギー
Allergy cover
Clinical and Experimental Allergy (IF 5.032)は昨年のIF 4.195から20%上昇しており、3位の座を7年間キープしています。Allergy (IF 6.271)は7年連続2位を保持しています。
免疫学
Immunological Reviews cover
Immunological Reviews (IF 11.148)は昨年同様6位となっています。
神経学
Annals of Neurology cover
米国神経学会及び米国小児神経学会のAnnals of Neurology (IF 11.089)は自己最高値を記録し、同分野中3位となっています。
内分泌・代謝学
Obesity Reviews cover
同分野の上位20誌中3誌をWiley-Blackwellが出版しており、Obesity Reviews (IF 7.038)は昨年のIF 5.862から20%上昇しています。
肝臓学
Hepatology cover
同分野の74誌中14誌をWiley-Blackwellが出版しており、うち10誌のIFが上昇しています。米国肝疾患学会のHepatology (IF 11.665)は昨年に引き続き2位をキープしています。
リウマチ
Arthritis & Rheumatism cover
米国リウマチ学会のArthritis and Rheumatism (IF 7.866)は3位及びArthritis Care & Research (IF 4.851)は6位と、両者とも10位以内に入ってきています。
薬物乱用
Addiction Biology cover
同分野の上位5誌中3誌はWiley-Blackwellが出版しており、1位のAddiction Biology (IF 4.833)は昨年のIF 4.152から16%上昇しています。
歯科学
Periodontology 2000 cover
Periodontology 2000(IF 3.961) 及び Clinical Implant Dentistry and Related Research(IF 3.532)が同分野で1位と2位を獲得しています。
獣医学
Journal of Veterinary Emergency and Critical Care cover
同分野の143誌中16誌をWiley-Blackwellが出版しており、うち8誌はIFが上昇、Journal of Veterinary Emergency and Critical Care (IF 2.038)は昨年のIF 0.852から139%上昇しています。

※2011 Journal Citation Reports® (Thomson Reuters, 2011)

Related posts:

  1. Wiley-Blackwell医学・看護学・獣医学ジャーナル30日間無料アクセスキャンペーン
  2. 日本の医学系学会英文誌インパクトファクター上昇、Wiley-Blackwell出版
カテゴリー: 一般   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。